男子禁制女子トーク!

仲はいいのに…毎日Hしてたカップルが「レスになった」理由4つ

文・塚田牧夫 —
“セックスレス”というのが、世間でよく問題として取り上げられています。どんなカップルだって、最初はエッチしていたはず。それがなくなってしまうのには、必ず理由がある。まず原因を追究することが、解消への近道に……。今回は、“毎日エッチしていたカップルがしなくなったキッカケ”について、経験のある男女に語ってもらいました。

転職して時間が合わなくなり

「彼女とはご近所さんで、お互いの家を毎日のように行き来していました。それが、僕が転職したことで、時間が合わなくなってしまって……。

彼女は土日休みで、僕が平日休み。しかも、帰宅時間も以前より遅くなってしまい、気をつかうように。エッチするどころか、会う機会も減ってしまいました」ジン(仮名)/29歳

転職すれば環境も変わる。セックスレスのキッカケになりやすいタイミングかもしれません。

ベッドを変えたらカラダに合わず

「彼とは同じベッドで寝ていました。あるとき、マットレスを交換したんですね。そうしたら、彼が“柔らかすぎる”と。

腰が痛くなってしまうようで、ソファで寝るようになってしまい、エッチの回数も減りました。再び買い替えたことで、元に戻りました」ナツカ(仮名)/28歳

ベッドには、合う合わないがありますから、二人で選ぶべきでしょう。こういった物理的なことが原因であれば、まずはそこから改善すべきですね。

風俗がバレて拒絶され

「仕事で出張に行ったとき、風俗店で病気をうつされてしまいました。彼女には隠して病院で治療しようと思ったんだけど、バレてしまい……。正直に話しました。

すると、“キモい”とひと言。それからエッチに誘っても、拒絶されるようになってしまいました。怖くて、自分からはもう誘えません」タイト(仮名)/29歳

この場合は自業自得ですが、男性はプライドが高いので、一度拒まれると誘えなくなる人もいます。断るにしても、配慮するようにしましょう。

スマホゲームに夢中になりすぎ

「彼とは一緒に寝ているのですが、あるときからベッドでスマホゲームをするようになりました。“寝よう”と言っても、“もう少し”と言って三十分以上やっているんです。

私は待てずに寝てしまうようになり、だんだん就寝時間がズレて、エッチもしなくなりました」マサミ(仮名)/31歳

ゲームが寝る前の習慣になってしまったのでしょう。ベッドに持ち運べる手軽さが、仇になってしまったというわけですね。

“毎日エッチしていたカップルがしなくなったキッカケ”をご紹介しました。理由は、物理的なものだったり、精神的なものだったりと様々。常にエッチを優先させるのは難しいかもしれませんが、大事な時間として確保できるよう、意思疎通は図っておきたいですね。

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選

© El Nariz / shutterstock
© Africa Studio / shutterstock
© gpointstudio / shutterstock
© Andrey_Popov / shutterstock