鞘師里保、デコルテはあえてノーアクセ…色気を宿す着こなしに挑戦!

2020.11.20
大定番のアイテムを色っぽく魅せるヒントを、スタイリストのSHOCOさんが指南。アーティスト、女優として活躍する鞘師里保さんが、大人の品格ある着こなしを体現してくれました。

“ビッグシルエット”は女性の華奢ラインを浮き彫りにする。

2226 fashion1-1

たぷんとしたバルーン袖に、脚のラインを拾わないワイドシルエットのパンツ。体が服の中で泳ぐくらいのオーバーサイズのシルエットを選ぶのがポイント。

「腕とヒップに余白を持たせて隠すことで、逆に服の中のボディラインを意識させるから色っぽくなる。肩が落ちるたっぷりとしたスリーブのスウェットならカジュアルすぎず、甘すぎない幾何学模様のレースパンツと好相性。パキッとした白ではなく、まろやかなアイボリーのワントーンで品の良さもさりげなくプラス。足元はくすみピンクのパンプスで、大人っぽさも感じさせて」(SHOCOさん)

「カジュアルでも女性らしいニュアンスを作れるんだって実感」(鞘師さん)

鎖骨、軟骨、関節…“骨”と“筋”から色っぽさが生まれる。

2226 fashion1-2

くっきりと浮き立った鎖骨やたおやかな指の関節は、女っぽさを強調する武器。

「骨や筋は、年齢を重ねたからこそ生み出せる成熟した色気を感じさせるパーツだから、アクセでその美しさを際立たせたい。耳元は、揺れるチェーンのピアスと、耳の軟骨につけるイヤーカフのW使いで、柔らかさと意志の強さを。指輪は複数の指につけたり重ねづけすることで、指の華奢な骨感にフォーカス。カジュアル感のあるシルバーとエレガントなゴールドやパールをミックスさせてこなれ感を出し、余裕を感じさせる演出を。デコルテはあえてのノーアクセで、鎖骨の美しさを引き立たせて」(SHOCOさん)

「普段はゴツめのアクセが好きなので新鮮。気分が上がりました」(鞘師さん)

fashion

SHOCOさん スタイリスト。女性ファッション誌やカタログ、人気アーティストへのスタイリングで活躍中。トレンドを押さえたリアルなスタイリングに定評がある。

鞘師里保さん さやし・りほ 1998年生まれ。アーティスト、女優。『ドラマ24 あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)の12月4日放送回にヒロイン役で出演。

(1枚目写真)スウェット¥23,000(コグザビッグスモーク/アクアガール 渋谷 TEL:03・5459・0131) レースパンツ¥36,000(グリード インターナショナル/グリード インターナショナル トウキョウ ストア TEL:03・6721・1310) ピアス¥46,000 リング、人差し指・上¥30,000(共にココシュニック TEL:03・5413・5140) リング、中指¥18,000 人差し指・下¥20,000(共にe.m./e.m.表参道店 TEL:03・5785・0760) パンプス¥14,500(ダイアナ/ダイアナ銀座本店 TEL:03・3573・4005)

(2・3枚目写真)ニットベスト¥9,000(ハッシュニュアンス/オンワード樫山 TEL:03・5476・5811) 左手リングカフ¥20,000 リング、右人差し指¥68,000 右中指¥12,000 チェーンピアス¥10,000(以上ete TEL:0120・10・6616) イヤーカフ、右¥15,000 左¥19,000 バングル¥20,000(以上ココシュニック TEL:03・5413・5140)

※『anan』2020年11月25日号より。写真・土山大輔(TRON) スタイリスト・SHOCO ヘア&メイク・秋鹿裕子(W) 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。