アンアンからニュースを配信します!

“初の父親役”三浦春馬 実生活でも「父性愛」が芽生える?

2019.7.29
「とうとう自分も父親の役が来るような年齢になったんだなって、純粋に嬉しかったですね。役の幅が広がったっていう意味でも」 カンテレ・フジテレビ系で放送中の連続ドラマ『TWO WEEKS』で、初めての父親役に挑戦している三浦春馬さん。しかし、その親子関係は少々込み入っている模様……。
TV

三浦さん演じる結城大地は、人生に希望を持てず、刹那的に過ごしているような男。そんな彼の前にかつて深く愛し合った女性が現れ、8歳になる娘・はなの存在を初めて知らされる。しかもその娘は白血病を患っていて、結城は幸運にもドナーに適合。再び生きる意味を見出すのだが、殺人の濡れ衣を着せられてしまう。

「結城は娘の命を救うために逃亡するので、単なる逃亡劇ではない。家族の絆というか、父性愛に溢れたドラマなんです。退廃的な男が娘の手術までの2週間でどう成長していくのかが、物語の主軸のひとつ。さらに芳根京子ちゃん演じる新米検事が、過去の事件の真相に迫る復讐劇も並行して進み、ふたつの軸がどう重なっていくかも見どころです」

すでに放送された第1話に、父と娘が病院で出会う印象的なシーンが。子役経験のある三浦さんは、はな役の稲垣来泉(くるみ)ちゃんと演技では対等でありたいと思うそう。

「僕も覚えがありますが、来泉ちゃんくらいの頃は自分を好きなだけ表現したかった。そんな子の意見を聞く機会もなかなかないので、『こういうふうに動くのはどう思う?』などと細かく確認して、一緒に芝居をつくる感覚を大事にしています」

一方、撮影の合間は、学校で流行っているというクイズを来泉ちゃんが出題したり、“こちょこちょ”をしてじゃれ合ってみたり。そうやって過ごした時間は、三浦さんと役の気持ちをシンクロさせることに。

「あの撮影から1か月経ったのですが、ふとした瞬間に顔が見たいなあと思っている自分がいるんです。撮影前は、こんなに会いたくなるなんて想像もしなかったのに。このあいだ思い立って、現場で撮った来泉ちゃんとのオフショットを携帯の待ち受け画像にしました(笑)。あのとき見せてくれた表情や言葉を思い出すことで、自分の演技の燃料にできればいいかなと思っています」

父性愛が芽生えた結城の行動は、守りたい存在がいることの強さを感じさせてくれるはずだ。

「自分のためではなく誰かのために必死になることが、結果的に自分の成長につながるようなことは、親子でなくても十分にあり得ますよね。このドラマも、何かしら行動に移すきっかけになったら嬉しいですね」

最後に、このドラマで挑戦したいことを尋ねると、意外な答えが。

「中打ち上げのバーベキューです! いつも口約束で流れがちなんですけど、せっかくチームワークのいい現場なので、本当にやりたいですね。実現したら、その後の演技にも絶対にいい影響がありますから!」

過酷な逃亡劇を、ぜひともお肉パワーで乗り切って!

TV

『TWO WEEKS』 殺人の濡れ衣を着せられた男が、娘を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンス。演出/本橋圭太、木内健人 出演/三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未ほか 毎週火曜21:00~カンテレ・フジテレビ系にて放送中。

みうら・はるま 1990年4月5日生まれ、茨城県出身。本作の主題歌「Fight for your heart」も担当。伊坂幸太郎原作の映画『アイネクライネナハトムジーク』が9月20日公開予定。

シャツ¥20,000 パンツ¥40,000 ベルト¥18,000(以上ポール・スミス/ポール・スミスリミテッド TEL:03・3478・5600) 靴、ソックスはスタイリスト私物

※『anan』2019年7月31日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・岡井雄介 ヘア&メイク・RYO インタビュー、文・兵藤育子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?