アンアンからニュースを配信します!

同性愛者役で初主演 金子大地「うっかり気楽に見て」

2019.4.20
NHKよるドラ第2弾、『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で初主演に抜擢された金子大地さん。原作は小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』。

僕と純の共通点は人を好きになるところ。

drama1

「原作を読んだとき、LGBTの世界観や価値観、悩みなどに深く切り込んだ内容だったので題材も役どころも難しい、というのが第一印象。でも、だからこそやりがいがあるんじゃないかな、とも思いました」

金子さんが演じるのは、同性愛者であることを周囲に隠して暮らす、18歳の高校生・安藤純。腐女子の同級生・三浦紗枝(藤野涼子)がある日、書店でボーイズラブの漫画を購入するところに遭遇し、二人は少しずつ接近していくという物語だ。

「いつもお芝居をするときは、役作りというよりもその役と自分を繋げるような、しっくりくるラインを見つける作業から入るんです。そのために共通点を探したりするんですが、僕と純が確実に通じ合えるのは“人を好きになる”ということ。相手が異性なのか同性なのかでもちろん違うと思いますが、僕としては、人を好きになるという根本的な気持ちは変わらない。一方で、動物の世界ではオス同士の性行為が多いと聞いて、本能的にそういうことが起こるのであれば、じゃあ世間で言われている“普通”とか、自分が思っている“普通”って何? という疑問は大きくなるばかり。考えるほど、わからなくなっちゃいますけどね」

まず世の中のマイノリティの人たちの心に響いてほしい、と金子さん。

「だけど重い気持ちではなく“うっかり”気楽に見てほしいです(笑)」

drama2

『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』 ゲイであることを隠して生活する純だが、“異性を愛し、子供を作って家庭を築く”という“普通の幸せ”にも憧れる同級生の腐女子・三浦さんと交際を始めるが…。4月20日(土)スタート、NHK総合23:30~23:59(全8回)。

かねこ・だいち 1996年9月26日生まれ、北海道出身の俳優。ドラマ『おっさんずラブ』などの話題作に出演。出演映画『劇場版 おっさんずラブ』が8月23日公開、『殺さない彼と死なない彼女』が秋公開予定。

※『anan』2019年4月24日号より。写真・小笠原真紀 インタビュー、文・若山あや

(by anan編集部)

男女のLINE-をもっと覗き見-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?