恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「松田聖子さんが目標」次世代ポップシンガー、杏沙子の魅力

取材、文・かわむらあみり — 2020.7.6
【音楽通信】第39回目に登場するのは、同世代の女性から支持されている、ポップスの王道を走り続ける次世代シンガー、杏沙子(あさこ)さん!

【音楽通信】vol.39

母の大好きな松田聖子さんの歌が音楽の原点

1819_asako_025

2016年に初めてオリジナル曲「道」を発表し、インディーズ時代からYouTubeで公開しているミュージックビデオの総再生回数が現在1000万回を超え、とくに女性からの人気が高い杏沙子さん。2018年にメジャーデビューしてからも、その共感を呼ぶ歌詞やポップネスな楽曲が注目を集めています。

そんな杏沙子さんが、2020年7月8日に2ndアルバム『ノーメイク、ストーリー』をリリースされるということで、お話をうかがいました。

ーー2016年から音楽活動をスタートされましたが、音楽の道を選んだきっかけは。

鳥取県出身なのですが、鳥取は車社会で、どこへ行くにも車移動でした。その車の中で出会った音楽が、いまのわたしの音楽の原点になっています。母の大好きな松田聖子さんの曲はとくに車の中でよくかかっていて、聖子さんの歌を聴きながら、幼心に「この人はいくつ声を持っているんだろう?」と興味を持ち、「自分もこんなふうに歌いたい」と思ったんです。

だから、聖子さんが、音楽の道を進むきっかけとなったアーティストです。家族みんな歌うことが好きだったので、車の中はいつもカラオケボックス状態で、毎日、毎日歌っていましたね。小学生の頃から、歌手になりたいと思っていました。

ーーその後、実際に音楽活動をスタートされて、インディーズ時代からYouTubeで公開しているミュージックビデオの総再生回数は現在、1000万回を超えています。なかでも「アップルティー」という曲は再生回数750万回を超えていますが、とくに中高生の女性から支持されているそうですね。

「アップルティー」は2作目のミュージックビデオなんですが、当時インディーズ活動をしていた私は、かき集めたバイト代で学校を借りて、友達にノーギャラでエキストラの学生役を頼んで……と、半分遊び感覚でそのミュージックビデオを制作したんです。その結果、まさかこんなにたくさんの方に見てもらえるとは、思ってもいませんでした。

とくに中高生に見てもらえているというのは、この曲の歌詞やメロディに詰め込んだ“青春”と、リアルな友達と遊び感覚で作ったからこそ撮ることができた本物の“青春”がばっちりハマって伝わったからかなぁと思います。本物って、理由なく伝わるものなんでしょうね。みんなで制服を着て、みんなでダンスを踊ったあの撮影は、音楽活動と切り離しても、特別な思い出です。

ーー2018年7月に、ミニアルバム『花火の魔法』でメジャーデビューされました。もともとデビューを目指していたのですか。デビュー前と後で心境の違いは。

メジャーデビューが決まった時は、もちろんうれしかったんですが、背筋が伸びる思いのほうが強かったです。「ちゃんとしなきゃ」というか。良くも悪くも真面目な性格なので、それこそ「アップルティー」のときみたいに、もう遊び感覚じゃいけないなと(笑)。

デビュー前後の気持ちの違いは、自分の音楽に、より向き合うようになったことですね。“杏沙子の音楽”ってなんだろう、私は何を歌うべきなんだろうって。自分ではデビュー前後で何かを変えるつもりはなかったし、変わったつもりもなかったのですが、いま考えると、けっこう肩に力が入りすぎていたかもしれない。最近、やっと力が抜けてきた気がします。

新作は“すっぴんの気持ち”を歌った物語が満載

1823_asako_007

ーー2020年7月8日に、2ndアルバム『ノーメイク、ストーリー』をリリースされます。どんな思いがこめられたアルバムでしょうか。また、タイトルの意味は。

タイトルを日本語にすると「すっぴん」の「物語」です。隠しておきたい感情や、言えなかった言葉、恥ずかしい気持ち、情けない自分。そんな“すっぴんの気持ち”を歌った物語がたっぷり詰まったアルバムです。

これまで映画や小説のようにフィクションの物語を歌にすることが好きだったのですが、最近はエッセイのような、よりリアルな温度のあるノンフィクションの物語を歌いたいと思うようになってきました。

その温度が高いほど、ひとりよがりな歌になってしまうんじゃないかと以前は思っていたんですが、意外とそうではなく、より「誰かの歌」にもなり得るんだと、気づく瞬間があったんです。今回、思い切ってノーメイクなストーリーを書いたので、「あなたの」ノーメイクなストーリーが1曲でも見つかるとうれしいです。

ーー収録曲「見る目ないなぁ」は6月10日から先行配信されていますね。終わりを告げた恋へのやりきれなさが伝わるが曲ですが、実体験なのでしょうか。ミュージックビデオでは、コンビニの袋をぶらさげてお酒を飲みながらトボトボと帰る背中が悲しく印象的でした。

はい、実体験をもとにして書いた曲です。この曲が生まれたのはけっこう前のことなのですが、書いた当時はあまりにぶっちゃけた内容すぎるので、自分の中でお蔵入りさせていました(笑)。でも、先ほど言ったように歌いたい、書きたいものが変わってきて、ずっと忘れられずにいたこの曲を引っ張り出してきて、完成させました。

とにかくこの曲に合わせたリアルなミュージックビデオにしたくて、「コンビニから家に帰る」というだけのごくシンプルな設定にしました。撮影は、リアル感を出すために、できるだけ何も考えずにたくさん歩いたんです。表情を最後の最後まで見せない演出なんですが、それは「私の物語であると同時に、誰かの物語になったら」という願いを込めて、意図的に顔が見えないように撮影しました。

ーー収録曲「クレンジング」の歌詞に出てくる「コーラル色のリップ」や「ラメ入りアイシャドウ」など、こちらにもパッと映像が浮かび、好きな人に会うときにおしゃれしたい恋する女性の姿が伝わってきます。歌詞を書かれる際、情景なども意識しているのですか。

「クレンジング」も実体験をもとにしているので、見た景色、感じた気持ちをそのまま言葉に変換する感覚で作りました。実体験ではない曲も、基本的には、情景が浮かぶ言葉、色を感じる言葉を意識して書いているんです。私の音楽のルーツである松田聖子さんの楽曲の、多くの作詞を手掛けていた松本隆さんの書く歌詞が大好きで、松本さんの言葉が見せてくれる情景や色に、すごく影響を受けています。

ーーほぼすべての作詞と作曲を杏沙子さんご自身で手がけていらっしゃいますが、ひとつの曲を完成させるまでに心がけていることは。

直感です。なんだかよくわからないけれど、直感的に心が動いた言葉や表現は、すぐにメモするようにしています。その直感が起爆剤になって曲を書き始めるので、最初の「ビビッ!」と来るものがないとワクワクが持続せず、だいたい途中で書くのをやめてしまうことが多くて(笑)。直感を掘り下げて、広げて曲にしていくので、書き切った頃には心が動いた理由がわかるので、答え合わせみたいで面白いんです。

ーー収録曲「ファーストフライト」は、特別な曲だそうですね。

今回の『ノーメイク、ストーリー』のような、自分の中にある本物の気持ちをテーマにしたアルバムの、先駆けのような曲です。女の子がパイロットを目指すドラマL『ランウェイ24』(テレビ朝日系=ABCテレビ制作、2019年放送)の主題歌のお話をいただいたことがきっかけで作った曲です。夢を追うからこそ感じる不安や焦りの感情、道なき道を進む孤独感が、ドラマの主人公とパイロットという職種が自分と完全にリンクして、思い切って自分の中にある負の感情を曲にぶつけてみたんです。

自分のために書いたようなこの曲が、誰かのテーマソングに、お守りのような曲になっている声を聞いて、「自分の本物をさらけ出すことが、自分が歌う意味になるのかもしれない」と気づかされた特別な曲。自分で書いた言葉に自分が救われるという経験をしたのも、この曲が初めてでした。

ダイヤの原石みたいな“本当”を見つけていきたい

杏沙子_アーティスト写真

ーー目標としているアーティストの方はいらっしゃいますか。何度かお話に出ておりましたが、松田聖子さんは別格なのでしょうか。

歌う、という点では、やはり小さい頃から聴いている松田聖子さんに、いまも変わらず憧れています。聖子さんのように、曲ごとに声を変え、時にはその曲の主人公になりきる、文字通りいろいろな声色でいろいろな色を見せられる歌い手を目指し続けます。書く、という点では、松本隆さん。言葉でも、色を見せられるソングライターを目指し続けたいですね。

ーーところで、美容面において、好きなコスメや普段のお化粧、ファッションなどを教えてください。

メイクもファッションも大好きなんです。美容面は、自粛期間中にずっとほしかった美顔ローラーを奮発して買って、毎日コロコロしています(笑)。あと、作曲がはかどるお風呂タイムも、欠かせません。最近、“艶肌メイク”の気分になっているので、ハイライトにハマっていますね。どこにどう入れたらナチュラルに透明感が出るのか、日々研究中。ファッションは、透け感のある服に、少し個性的なゴールドやシルバー、ガラスのアクセサリーを合わせるのが、いまのマイブームです。

ーーでは現在、ご興味のあることはなんですか。

おうち時間が増えたので、リラックスできるおうちを目指して“おうち革命”を起こしました(笑)。寝る前のルーティンに、アロマディフューザーで部屋を好きな香りでいっぱいにして、好きな音楽を聴く時間が加わりました。興味があるのは、香りですね。いま、4種類のアロマオイルが家にあるのですが、毎日、選ぶ香りが変わるんですよ。昨日は癒されていた香りが、今日はなんだか甘ったるく感じたり。面白いので、香りオタクになってみたいです(笑)。

ーーシンガーソングライターとしての今後の抱負を教えてください。

歌いたいこと、書きたいことが、日々変わっていっているのを感じているので、素直にそれに従っていきたいなと思っています。普段の生活も、曲を書くときも歌うときも、いまはできるだけ自分に正直でいたい気分。それで、自分でも気づかなかったダイヤの原石みたいな“本当”を見つけていきたいですね。それをもっともっとたくさんの人と、音源やライブで共有していけたらうれしいです。

取材後記

ナチュラルでチャーミングな印象の杏沙子さんの歌は、女性なら誰しもが「わかる!」とうなずいてしまう、色とりどりのストーリーに満ちています。これからももっとたくさんの人たちに、杏沙子さんの歌が届いてくのでしょう。そんな杏沙子さんのニューアルバムをまずはチェックしてみてくださいね。

杏沙子 PROFILE
1994年4月4日、鳥取県生まれ。2016年、初のオリジナル曲「道」を発表し、本格的に音楽活動をスタート。YouTubeに公開した曲「アップルティー」は女子中高生を中心に注目を浴び、後にJTBのCMソングにも起用される。

2018年7月、1stミニアルバム『花火の魔法』にてメジャーデビュー。2019年には、「ケチャップチャップ」が『NHKみんなのうた』に抜擢される。同年夏、初のドラマ主題歌(ABCテレビ「ランウェイ24」)に「ファーストフライト」を書き下ろす。

2020年1月、配信限定シングル「こっちがいい」をリリース(JSBC SNOW TOWN 2019CM曲)。7月8日、2nd フルアルバム『ノーメイク、ストーリー』をリリース。新曲「ジェットコースター」がNHK-FMの「ミュージックライン」6・7月度のエンディングテーマに決定。

Information

杏沙子「ノーメイク、ストーリー」通常盤J写

New Release
『ノーメイク、ストーリー』

(収録曲)
01. Look At Me!!
02.こっちがいい
03.変身
04.クレンジング
05.見る目ないなぁ
06.outro
07.交点
08.東京一時停止ボタン
09.ジェットコースター
10.ファーストフライト

2020年7月8日発売
*CD収録曲は通常盤・初回限定盤共通。

(通常盤)
VICL-65383
¥3000(税別)
*CD収録内容は全形態共通

(初回限定盤)
VIZL-1772
¥4000(税別)
*特殊パッケージ、2CD。

〈初回限定盤 LIVE CD収録曲〉
ワンマンライブ「あさこまとめ2019 ~まとめません~」2019.12.8 Veats Shibuya公演

01.ファーストフライト 02.青春という名の季節 03.Look At Me!! 04.真っ赤なコート~toi toi toi 05.見る目ないなぁ 06.道 07.花火の魔法 08.あなたのことが好きだなんて言えないんです。 09.こっちがいい

杏沙子 オフィシャルサイト
https://www.asako-official.com/