平野 秀美

2020年のトレンド靴は?…「秋冬シューズ」人気デザイン6選

2020.10.23
現在ヨーロッパ在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんのファッションスナップレポートです。オシャレさんは足元が違うとよく言いますが、ここヨーロッパでもオシャレに気を遣っている人は、やっぱり靴もオシャレ。今年の人気傾向とどんなスタイルに合わせているかを、ストリートスナップと一緒にチェックしていきましょう。

『ドクターマーチン』の厚底アンクルブーツはやっぱり定番!

2020.1018.shoes02

私も、私の周りもほぼ全員持っている『ドクターマーチン』(Dr. Martens )、中でも最近は厚底ブーツが大人気。ソフトレザーのものから光沢ありのものまで、本当に幅広いカラー、デザインが特徴。

また履いていくうちに、自分の足の形になじんでいくのも、マーチンならでは。男女ともに人気で、ワンピーススタイルにもパンツスタイルにも似合ってしまうので、かなりおすすめです。

厚底パンプス! 背が低くても高くても関係ない!

2020.1018.shoes03

厚底パンプスは、ここヨーロッパでは地域によって人気傾向が変わるかもしれません。なぜなら、道路が日本のようにきれいに整っておらず、石畳だったりする場所もあるので、さすがに厚底パンプスだと歩きづらい。

しかし、道路がしっかりとしている地域だと、歩きにくさよりお洒落度を重要視できるので、人気の傾向にあります。個人的にはピンヒールより安定感はあるので、厚底パンプスは今年チャレンジしてみたいシューズです。

やっぱりね! ニーハイは脚長効果抜群!

2020.1018.shoes01

上の2人のスタイルを見ると、思わずニーハイもほしくなってしまうオシャレさ。ロングコートに合わせてショートボトムスというスタイルがニーハイには合わせやすそうですね。それにしても、かなりかっこいい!

アニマル柄は、まだまだ人気です!

2020.1018.shoes04

アニマル柄やヘビ柄などは、日本では一時期人気が低迷したイメージでしたが、ヨーロッパでは最近どんどん人気傾向にあるよう感じます。

柄のあるシューズなので、シンプルに着こなすのかと思えば、柄 VS 柄だったり、色の派手なもので合わせていたりと、個性的に着こなしているイメージです。ちょっとパンチの効いたスタイルを好む方には、ぜひ今年はお勧めです!

ホワイトアンクルブーツもあり!

2020.1018.shoes05

個人的には、シューズにホワイトを持ってくる場合はスニーカーだけでしたが、実はホワイトカラーのブーツってよく見かけるんですよね。冬には人気のアンクルブーツのホワイト、確かに全体が重くなりがちな冬にはポイント色としていいかも!

『マルタン・マルジェラ』(Martin Margiela)をはじめ、多くのブランドでもホワイトブーツは売り出されていますので、お好みのデザインが比較的すぐ探せそうです。

冬でもいいんです! パンプスは1年中人気です。

2020.1018.shoes06

冬になるとブーツが人気なのは、簡単に想像できますが、実はパンプスだって冬も人気。どれくらい寒いかにもよるかもしれませんが、仕事やパーティなどでは、ドレスに合わせてきれい目にパンプスにしたい時だってありますよね。そういうときは、もちろんおしゃれ重視で靴も選んでください。

今まで、勝手にパンプスは冬には着用できないという思いを抱いていましたが、自分が履きたいと思った時に履いていいのだと、ヨーロッパにいると感じるようになりました。

日本もヨーロッパも比較的人気のシューズは変わりませんよね! ただ、1点だけヨーロッパでは、『UGG』や『EMU』のムートンブーツなどは、実はあまり見かけません。そのほかの違いはそれほどないと思うので、ぜひ参考になさってみてください。