好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

胃袋ガッツリ!…シソ香る「夏の肉巻きおにぎり」簡単レシピ

2020.8.16
連載第153回目は、B級グルメとして知られている肉巻きおにぎり。豚肉の薄切り肉を小さめに握ったご飯に巻いて焼くだけのとってもお手軽メニュー。味付けのたれは甘辛だれなのでボリュームも満点。冷めても美味しいのでお弁当にもぴったりです!

『肉巻きおにぎり』

nikumaki01_gobouchacom

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 153

旬食材は、大葉!

nikumaki03_gobouchacom

今回の旬食材は、爽やかな風味が特徴的な大葉! 一年中スーパーなどで見かけることができますが、旬は夏で6~9月です。ちなみに赤紫蘇は6~7月です。

大葉は美肌に必要なビタミンCやアンチエイジングに欠かせないビタミンE、ほかにもβカロテンやポリフェノールなど多くの栄養素を含んでいます。また、殺菌作用が高いことでもよく知られていて、夏には欠かせない食材ですね。

薬味として食卓に登場することが多いですが、それだけではもったいない! ぜひ日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

材料はこちら!

nikumaki04_gobouchacom

【材料(二人分)】

・豚肉薄切り    :約200g  ※今回は豚ロース肉薄切りを使用
・塩        :適量
・コショウ     :適量
・ご飯       :お茶碗約2杯分
・大葉       :4枚
・ショウガ     :1/2かけ
・オリーブ油    :適量

(たれ用調味料)
・しょうゆ     :大さじ1
・酒        :大さじ1
・みりん      :大さじ1
・きび砂糖     :小さじ1

(仕上げ用)
・白いりごま    :適量

まず、下準備を始めます。~その1:大葉とショウガをみじん切りにします。

nikumaki05_gobouchacom

大葉とショウガをみじん切りにします。

では、作ります! 温かいご飯に大葉とショウガを加え混ぜます。

nikumaki06_gobouchacom

ボウルに温かいご飯を入れ、ショウガと大葉のみじん切りを加え、さっくりと混ぜ合わせます。

混ぜたご飯を6等分にして丸めます。

nikumaki07_gobouchacom

ご飯を六等分にしてラップ等でボール状のおにぎりを作ります。

豚肉を巻きます。

nikumaki12_gobouchacom

豚肉に軽く塩、コショウをします。
丸めたご飯を豚肉で巻きます。一つのおにぎりに2枚の薄切り肉を使います。

豚肉を巻き付け、ご飯が見えないようにきれいに巻きます。

nikumaki08_gobouchacom

薄切り肉2枚を使い、ご飯が見えなくなるようきれいに巻きます。

他のおにぎりも同様に豚肉を巻きます。

フライパンに油を熱し、肉巻きおにぎりを焼きます。

nikumaki09_gobouchacom

フライパンに油を加え熱します。
肉巻きおにぎりを加え、転がしながら全面をこんがり焼きます。

こんがりと焼き色がついたらたれ用調味料を加えます。

nikumaki10_gobouchacom

こんがりと焼き色がついたらいったん火を消し、たれ用調味料(しょうゆ、みりん、酒、きび砂糖)を加えます。

中火で熱し、たれを煮絡めます。

中火で熱したれを煮詰めながら、おにぎりを転がし絡めます。

器に盛り付け、仕上げに白いりごまを散らします。

nikumaki11_gobouchacom

器に盛り付け、仕上げに白いりごまを散らします。

おいしさのアレンジポイント♪

nikumaki02_gobouchacom

豚バラ肉や、牛肉でも美味しく仕上がります。
大葉の代わりに三つ葉やパクチーを細かく刻み加えても美味しいですよ♪

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/