好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

背中、生い茂ってるぞ…彼が萎える「夏のうっかりムダ毛NGシーン」

2018.7.6
美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第33回目は「夏のうっかりムダ毛の話」。夏の紫外線や崩れにくいメイク対策はバッチリでも、忘れがちなのがうなじや背中のムダ毛。体の前面は完璧でも、後ろを向いたらワサ~とたなびくムダ毛に彼が興ざめ! なんてことにならないようにケアは必須です。この夏起こりうるムダ毛が目立つNGシーンと対策を知って、デートを成功させましょう♡

【NGシーン1】浴衣&水着で女性らしさアピールするも、背中に生い茂るムダ毛で魅力半減!

【tamae beauty 】vol. 33

夏祭りにプール、大好きな彼とのデートに気合いを入れて浴衣や水着を着るも、ムダ毛処理をしないままでは魅力は半減。ワサワサと生えたムダ毛は、水に濡れると集まって皮膚の上で余計に目立ちます。

「着て終わり!」じゃないのが女の悲しいところですが、せっかくのムードが台無しにならないためにもうなじ・背中のケアを頭に入れて!

【NGシーン2】天気が良い日にBBQへ。その日差し、口ひげを照らしてます!

晴れた見通しが良い日は、緑が多い川辺でBBQやキャンプをしたくなりますよね。当然薄着になるので、二の腕や脚のムダ毛には気が回りますが、意外と処理を忘れがちなのが口ひげ! 

BBQって、上手に焼けたお肉を頬張る瞬間は注目を集めますよね。その時に口ひげがワッサ~と生えてたら確実に見つかります。ちゃんと処理して自信をもって笑顔で「おいしー!」と言えたら、その場のヒロインはアナタ♡

【NGシーン3】汗で崩れたファンデに、顔のうぶ毛が絡みつき不潔感MAX!

汗や皮脂でヨレたファンデーションが、顔のうぶ毛と絡んでぐっちょりドロドロ……。これは、湿気が強いこの季節に起こりやすい現象です。特に、生え際やもみあげ辺りはデンジャーゾーン。頬のあたりを一度もうぶ毛処理したことのない人は、処理後のファンデーションのノリの良さと持ちの良さに感激するはず。クライアントや同僚に不潔な印象を与えないためにも、この夏はうぶ毛処理からこだわってベースメイクをしてみて。

セルフケアは、肌を「温めて」剃る。

カミソリや電動シェーバーでセルフケアするときは、事前に肌を温めると処理しやすいです。これは、毛に水分を与えることでやわらかくなるためです。男性が、理髪店で髭を剃るときに蒸しタオルで温められるそうですが、同じように処理しやすいよう準備が行われているんです。

肌荒れなど肌トラブルを避けるために、カミソリは替え刃式タイプを選んで清潔に保つと◎。超音波式も肌にやさしく剃れるのでおすすめです。処理後は、保湿を絶対に忘れずに!

プロに任せるなら、『フィニ』のシェービングメニューで老化角質もオフ。

背中シェービング

自分でお手入れするのが面倒くさい! なんて人はプロにお任せするのも手。『フィニ』のシェービングメニューの特徴は、肌に負担なくうぶ毛処理をすると同時に老化した角質までオフし、保湿して仕上げます。室内外の気温差によってターンオーバーが乱れ始めると、老化角質が蓄積され肌トラブルやメイクのりの悪さの原因になるので同時に角質ケアしてくれるのはポイント高し。

なかでも注目なのは、背中のシェービング。首もとからウエストラインまで広範囲にうぶ毛と角質除去。なめらかな手触りの背中に仕上げてくれます。

自分が気づかないうちにムダ毛を見られて幻滅されないために、この夏は処理を忘れずに!

Information

『フィニ』
背中のシェービングは約30分(フェイスシェービングとセットの場合)で6,000円(税抜)。
問い合わせ先:0120-015-823
http://www.fini-shaving.jp/

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

ツイッター
https://twitter.com/YUKINOte_
インスタグラム
https://www.instagram.com/tamae_yukino

#美容 記事を、もっとみる。
男が嫌う #NG美容 もチェックしておきましょう。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読んでみる。

美スッピン肌への第一歩! 美容ライターがこぞってトライする検定って?


©AleksandarNakic/Gettyimages
©bernardbodo/Gettyimages
©diego_cervo/Gettyimages
©RossHelen/Gettyimages