恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【邪魔な女だな…】男がうんざりするLINE・4パターン

文・塚田牧夫 — 2017.2.15
男と女って、なんにつけてもちょっと感じ方が違いますよね? 楽しいLINEでのやりとりでも、男目線では「うんざり」なパターンがあるのです。 今回は、『モテ女子になれるLINE恋活』の著者である筆者が、“男がうんざりするLINE”のパターンをご紹介しましょう。

パターン1:可愛くない 

実際会っての対面ではなく、電話での声もなく、基本的に文字、絵文字、スタンプのみでコミュニケーションをとるLINE。

それでも、会話のなかに個性って出ますよね。

男性とLINEするときは、ちょっとだけでもいいので“女性っぽさ”を意識してみてください。

スタンプの選び方、言葉の使い方……。ブリッコになる必要はありませんが、男性だか女性だかわからないようなLINEトークが続くと、「うんざり」とは思われないまでも、“気になる異性と親密に話している感覚”は与えられません。

パターン2:責め立てられる 

少し仲良くなってきたり、彼氏・彼女の関係になったりすると、相手に対する不満や要望も出てくることでしょう。

「もっとこうしてほしいな」ということを、LINEで送るのは対面で伝えるよりも冷静にまとめられるし、相手の反応を直接受けるわけではないので、送る方は簡単に感じるかもしれません。

ですが、LINEで責め立てられると、一気に相手のアカウント自体が“可愛くない”という印象に。

その後は「おはよー!」の一言でも、責め立てられる前とは、まったく違う印象に……。仲直りしたようにみえても、これはまさに「うんざり」しちゃっている例ですね。

パターン3:タイミングが悪い 

ここでは敢えて、なにをしているかまでは言及しませんが、男性はひとりの時間をとても大事にします。

女性もそうかもしれませんが……。どうしても邪魔されたくない時間ってありますよね。

そんなとき、LINEの“通知オフ”するような彼であれば、落ち着いたタイミングで読んでくれるので問題ないのですが、「なんで通知オフにしてるのー? 浮気でもしてるんじゃない?」などと、余計なことを言って、“LINE通知オン”にさせているのならば、送るタイミングは気をつけなければなりません。

通知オンにさせておいて、うっかりなタイミングに送ってしまえば、「どこまでも邪魔な奴だな……」と相当イラっとさせてしまうかも……。

こういった事例が続くようだと、LINEという存在自体に「うんざり」してしまいますね。

パターン4:必要な返信が遅い

好きなときに読んで、好きなときに返信できるのがLINEの良いところですから、ちょっとした既読スルー、未読スルーくらいでは「うんざり」はされません。

ですが、明らかに早急な返信を必要としている内容の場合は、すぐに対応しないと女性よりも男性のほうが、怒りの沸点は低いでしょう。

例えば、車で近くまで迎えに来てもらっておいて、「もうすぐ着くけど、どのあたり?」というLINEを既読スルーしてしまうのは、さすがに「なんか返せや!」と2~3分で思われてしまいます。「えっとねー、ちょっと待って」くらいでもいいので、なにかしらか返しておきましょう。

以上、男がうんざりするLINEを4パターンご紹介しました。
彼の個性によっては感じ方が異なる場合もありますが、大半の男性に当てはまるものを選出しています。
女性への気遣いとは、また違う気遣いが必要なので、気をつけてくださいね。

【その他のLINE記事もチェック!】
夢にまで出てきちゃいそう♡男性がグッとくる「おやすみLINE」3つ
愛が隠しきれない♡男が「本命女子」にだけ送るLINE3つ
モテるクイズ】Q7.LINEのアイコンでモテるのは次のうちどれ?


(C) Olena Zaskochenko / Shutterstock
(C) Steve Allen / Shutterstock
(C) RossHelen / Shutterstock
(C) sianstock / Shutterstock