恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

俺は逃げるよ…!? 昼顔妻が泣いた「不倫相手の誤爆LINE」3つ

文・並木まき — 2019.11.30
女性なら「恋人には自分だけを見てほしい」と願う人も多いでしょう。昼顔妻とて例外ではないようです。ところが、不倫相手である男性から二股をかけているかのようなLINEが届いて涙した不倫妻も……。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな誤爆LINEを3つご紹介します。

1:「明日、○○ホテル取れたぜ!」

shutterstock_685642123

「5歳下の独身男性と不倫をしていたのですが、デートの約束もしていないのに『明日、○○ホテルの予約取れたぜー』ってLINEが届き、違和感が。
というのも、年下ということもありその彼は普段、私にそんな話し方をしないし、さらにはそこに書かれていたホテル名は私との会話に出てきたことのない場所。
私以外にも交際している女性がいると悟りましたね。
会っているときは、私にゾッコンみたいな振る舞いだったので、ガッカリしました……」(38歳女性/福祉関連)

日頃と違う言葉遣いや、これまで話題にあがっていない場所が書かれたLINEは、確かに違和感を感じるでしょう。
女性慣れしている男性ほど「あなただけを見ている」という振る舞いにも長けているので、気づかなかったのでしょうね。

2:「あの女がマジで離婚してきたら、お前と一緒に逃げるよw」

shutterstock_1469026340

「6歳年下の彼氏がいて、お互いに本気の付き合いをしていたため、当時の私は離婚も考えていました。
ところが、私が夫に離婚の話を切り出したと報告した翌日、彼から『あの女がマジで離婚してきたら、お前と一緒に逃げるよw』とメッセージが届いたんです。
最初は意味がわからなかったんですけど、よくよく考えると、タイミング的にも“あの女”って私のこと!?
しかも“お前と一緒に逃げる”って、どう考えても女性に向けて送っている文章。
私の前ではマジメに付き合っているような顔して、実は笑い者にされていたのか……と気づき、自分のバカっぷりに泣きました」(43歳女性/経営)

交際相手である人妻の前では誠実そうな顔を見せていても、実際には、そうではないケースも。
どんな形であれ、信じていた相手に裏切られたことを知り、傷ついたようです。

3:「彼女には一緒にいるって言っておいて」

shutterstock_360842147

「10歳年下の彼氏がいました。ある日、彼とのデートに向かう途中、突然『彼女には一緒にいるって言っておいて』とLINEが届いたんです。
最初はなんだろう? って思ったんですけど、しばらく考えて、彼には彼女がいて、事情を知る人に私とのデート中のアリバイを頼んでいるのだろうとピンときました。
それまでは、彼は私のことを本気で愛してくれていると感じていたので、このLINEが届いたときには、固まりましたね。
まぁ、10歳も年上の人妻に本気になる男性のほうが珍しいのかもしれませんが……」(42歳女性/専業主婦)

彼女がいながらにして、人妻と不倫までする男性は少数派と信じたいもの。
しかし、アリバイ作りにも余念がない、手慣れた男性もいるようです。

不倫する昼顔妻も良くないですが、不届きものの男性にはくれぐれも注意が必要です。

「不倫の実態」をもっと覗き見!_バナー

♡PR- 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」

©oatawa/shutterstock
©Antonio Guillem/shutterstock
©Rido/shutterstock