え、不審者…? 女が「キモい認定した」初対面男の行動3つ

文・牧ぐりこ — 2019.3.31
人混みをぼんやり歩いていると、男性から急に声をかけられる「ナンパ」。呼び止められたものの、その後何をしたいのかわからない声かけもあるみたいで…? 今回は、ライター・牧ぐりこが「キモい認定した」初対面男エピソードを、女性のみなさんに聞いてきました!

いきなり「握手してください!」

「駅で待ち合わせをしていました。すると、きりっとスーツを着こなした男性が近づいてきて『握手してください!』と頼まれたんです。えっ街頭演説……? と、つい手を取ってしまいました。
その人は『ありがとうございます!』と去っていきましたが、よく見るとただのサラリーマンです。……ナンパだったのかな?」(31歳・保険)

男性が手フェチで「飲みに行きたくなる手じゃないわー」とジャッジを下されたとか……!? 失礼な妄想をしましたが、何がしたかったのかはわからずじまいですね(笑)。

お水を「飲みませんか!」

「22時ごろの繁華街。お酒に酔ったサラリーマンに声をかけられました。
その人はなぜか2Lの天然水を捧げるように持って『飲みませんか!』と誘うんです。え、飲みかけのお水を……?(笑) にっこり笑ってお断りしました」(35歳・音楽関係)

連れ出したかったのはお酒の席でしょうが、変なポーズで誘われましたね。まだ早い時間なのに、重たい2Lの水はほとんど無くなっていたそうです。出来上がりすぎ!(笑)

延々と「すみません…」

「夜、駅を歩いているとき。後ろから男性に『すみません』と声をかけられたんです。ナンパかな? と思って最初は無視しました。
それでも懲りずに『すみません……』って声がするんです。『なんですか?』と返事したのですが、それでも『すみません……』しかその人は言いません(笑)。
『私、何か落としましたか』と聞いても、『そうじゃないんですけど…すみません』と言われました。人混みだったので、すみません男とはそこではぐれたのですが、腰の低い変な人もいるもんだなと思いました(笑)」(28歳・メーカー)

お茶や飲みに誘いたくても、言い出せないシャイな男性だったのかもしれませんね(笑)。人が行き交う地下道って、呼び止めるのに不向きだと思うので、別な場所で健闘してほしいものです。

以上、「気持ち悪いと思った初対面男エピ」でした。好みのイケメンに声をかけられて、先に進む機会はまだ先みたい?(笑)

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選


©undefined undefined/Gettyimages
©fstop123/Gettyimages
©estherpoon/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。