恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

彼女を気取るな…!男が「セフレにして後悔した女」の特徴4つ

文・塚田牧夫 — 2018.5.26
男にとって、セフレというのは都合のいい女。いても損はないはずです。しかし、なかには「セフレになんてしなければよかった」と後悔するような相手もいるようです。男性たちに、そんな女性の特徴について聞いてみました。セフレに関して何かお悩みをお持ちの方は、参考にしてください。

彼女を気取る

「付き合っていた彼女がいたんですが、あまりにワガママで別れたんです。そうしたら、“ヨリを戻したい”と言ってきまして。俺としてそれは嫌だったので、適当に流してセフレのような関係になっていました。

そうしたらその女が、周りに“ヨリを戻した”と吹聴するんです。付き合うなんて言ってないし、彼女気取りで接してくるのはやめてもらいたい」カツヒサ(仮名)/28歳

セフレでありながら、彼女ヅラされるのは男にとっていい迷惑です。さらに周囲に言いふらすなんて愚行でしかない。身分をわきまえた行動を心がけた方が良いでしょう。

モテていると勘違いしている

「セフレがいるんですけど、その女は俺以外にも何人か同じような相手がいるらしいんです。こっちとしてはどうでもいいんだけど……。

なんかモテてるオーラを出してくるので、それが面倒くさい。最初はおだててたけど、もう相手にするのもバカバカしい」ゴロウ(仮名)/31歳

女性のなかには、カラダ目的で言い寄られることを、「モテている」と勘違いする人もいます。それを自慢げに言われても、男はウンザリするだけ。哀れに思うだけです。

良い子すぎる

「飲み会で知り合った女の子と後日デートして、そのあとエッチをしました。告白とかもせず、しばらくそのまま仲のいい状態が続いていました。鍵も渡してあって、料理を作って帰りなんかも待ってくれてたんですね。

そろそろちゃんと付き合いたいと思ったころでした。帰ると置手紙が……。“別の男性とお付き合いすることになったのでもう会えません”というような内容。最初からちゃんと付き合っていればと後悔しました」ケイタ(仮名)/31歳

女性が“良い子”だったパターンですね。セフレ的な付き合いからスタートしてしまったことで、正式な交際のタイミングを見失ってしまった。そういった後悔もありますよね。

友人関係を壊す

「セフレ的な女の子がいて、友だちと行った旅行の写真を見せたんです。そのなかにひとりイケメンがいて、“会ってみたい”って言うんですね。で、みんなで集まる飲み会に連れて行った。

そうしたら後日、イケメンから連絡がありました。ちょっと怒ってる。なんでも、俺の連れて行った女がしつこく連絡してくるらしく、それが彼女に見付かってモメていると。ホント、節操がない女だと思いました」ジュン(仮名)/28歳

セフレという関係ではあるものの、別の男に手を出されれば相手もいい気はしないでしょう。しかも、友人関係を壊すようなことをすれば、恨まれてしかるべきです。

“男がセフレにしたことを後悔した女子の特徴”をご紹介しました。

セフレという関係を明確に把握できていない女性に対して、男性は後悔の念を覚えることが多いようです。吹けば飛ぶような脆い関係であることを理解したうえで、付き合っていくべきでしょうね。

#恋愛 記事、
#もっとエッチな記事 もチェック……!?

『あなたは大丈夫? 老け見えを防ぐ「魔法の下着」をチェック』 – PR
(C) Antonio Guillem / Shutterstock
(C) nd3000 / Shutterstock
(C) Josep Suria / Shutterstock
(C) Antonio Guillem / Shutterstock
(C) Mikhail_Kayl / Shutterstock