恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

春デートは新名所へ…彼が好むモテ服や男垂涎ものアイテムが集結!

文・写真 日野晴未 — 2018.4.2
都心から電車で約2時間。群馬県の南東部に位置する桐生市は、「西の西陣、東の桐生」と言われるほど、古くから織物の盛んな町として知られています。そんな桐生市に3月24日、新しいセレクトショップ『st company(エスティー カンパニー)』がオープンしました。老若男女の興味を引きつける伝統と流行が交錯する桐生市の、妄想日帰りデートプランをお届けします。

歴史とトレンドが交錯する、
盛りだくさんエリア桐生!

まずは歴史的建造物と小さな店が立ち並ぶ本町通り沿いにオープンした『st company』からスタートです。国内外で活躍する建築家の山本和豊氏が設計した店舗は、工房付き老舗和菓子店をフルリノベーションしたもの。本館と別館からなる3層のユニークな構造で、建築男子のハートは鷲掴み。店の代表の環 敏夫さんはアパレル一筋40年。『PENNY RAIN(ペニー レイン)』や『ANTENNE DEUX(アンテーヌ ドゥ)』など、群馬県を中心に4店舗を経営する手腕家で、ファッション業界を活性化すべく攻めの姿勢を崩しません。

IMG_5334

商店街側から見ると、普通の3階建て。でも奥は複雑な構造……。

商品はメンズ&ウィメンズで構成されているので、お互いのお洋服を選びっこ♡ もできちゃいます。1階(bekkan)の『shop in shop』のコーナーには、新進気鋭ブランドを扱う渋谷のショップ『ニド ア ドゥ』と、旅をコンセプトとする中目黒のショップ『ベストパッキングストア』が肩を並べます。文字通り、店の中に店があるのです。

IMG_5376

メンズ垂涎のバックパックや、便利グッズも多数!

独自のセレクトも好感度高し。1階(honkan)では〈イレーヴ〉〈トーガ〉〈タロウ ホリウチ〉〈ラグ&ボーン〉など国内外のブランドが。

IMG_5369

2階(bekkan)はバッグ&シューズのセレクトが充実。〈3.1 フィリップ リム〉〈ファビオ ルスコーニ〉〈ヤーキ〉などを取り扱う。さり気なくおねだりガールをするならココ!

IMG_5360
IMG_5364


3階(honkan)ではブランドとして初のインショップを構える〈ミュラー オブ ヨシオクボ〉〈コズミックワンダー〉〈ファセッタズム〉〈グラフペーパー〉などがラインナップ。また、3/31〜4/8まで、〈ハイク〉のポップアップショップも登場します。ファッションにうるさいメンズも納得の品揃え。

IMG_5346
IMG_5345


売れ筋商品が都心と異なることもあるので、狙っていたのに手に入らなかった個人的幻アイテムに出合える可能性もあるかもしれません。ほかにもミックスジュースをメインとしたジューススタンド『cafe』や、キッズルーム『kobeya』も完備。ファミリーで訪れてもOK! 『soraniwa』と名付けられた別館のルーフフロアでは、夏に向けて各種イベントを予定しているそう。楽しみ♪

stcompany_photo

人気パンや個性派ショップなど、
名物いっぱい、桐生の街散策!

続いてはショップで配布している「KIRYU GUIDE MAP」を片手に桐生の街散策へ。桐生駅や新桐生駅では無料のレンタサイクルがあるので、天気のいい日は自転車で街めぐりも良さそう。

IMG_5390

パン好きの二人なら『工房チャツネ』へ。レーズンや季節の果物からおこした自家製酵母を使ったパンを販売。地元のカフェレストランにも卸している人気のパン屋さんで、予約も受け付けてくれます。

IMG_5394
IMG_5399


IMG_5403


写真はすべて『工房チャツネ』。 

店主こだわりのアウトドアアイテムが揃う

キャンプ好きの二人なら、アウトドアと旅をコンセプトに1年前オープンした『パーベイヤーズ』へ。元鉄工所だった開放的な空間には、オーナーの小林さんが偏った目線(?)で選ぶ ”御用達” アイテムを紹介。アウトドアはもちろん、日常生活にも使えるグッドデザインが勢ぞろい。夏キャンプの予定が盛り上がりそう。おいしいコーヒーも飲めますよ。

IMG_5436
IMG_5429
IMG_5432


写真はすべて『Purveyors(パーベイヤーズ)』。

街を望める遊園地も。

桐生の町から少し足を伸ばして、山沿いへむかうと、レトロな遊園地『桐生が岡遊園地』があります。入園料は無料、アトラクションごとに利用料がかかります。アドベンチャーシップ、観覧車、サイクルモノレールなど、童心にかえって楽しめそう。高台に位置するため、桐生の街並みを一望できます。

IMG_5417
IMG_5413


IMG_5404


写真はすべて『桐生が岡遊園地』。

地元民に愛される味でほっこり。

「桐生ガイドマップ」には載っていないけど、ランチは地元の人から観光客まで、多くの人に愛される『ほりえのやきそば』を。自家製麺で作られるやきそばは一人前300円〜とリーズナブル。やきそばにポテトが入っているのが、この地域のスタンダードだそう。3種のソースをブレンドした香ばしいやきそばをペロリ。メンズってやきそば、好きだよね。

IMG_5422

『ほりえのやきそば』の肉入り中600円。 

ほかにも老舗のコーヒー店や、一軒家カフェ・レストランなど桐生の街は見どころが満載。毎月第一土曜日には本町通り沿いに約80店舗が並ぶ骨董市も開催されます。日帰りデートにいかがです?

Information

『st company(エスティー カンパニー)』
群馬県桐生市川岸町177-4 TEL: 0277・43・6308 11:00〜20:00 水曜定休 
http://www.stcompany.com

『工房チャツネ』 
群馬県桐生市宮本町2-3-6 TEL: 050・1190・2676 (木・金・土) 12:00〜17:00(パンがなくなり次第終了) 日・月・火・水定休 
http://kobochutney.blogspot.jp

『Purveyors(パーベイヤーズ)』
群馬県桐生市仲町2-11-4 TEL: 0277・32・3446 11:00〜18:00 月・火定休(祝日の場合は営業。その場合、翌水曜休み)
http://purveyors2017.jp

『桐生が岡遊園地』 
群馬県桐生市宮本町4-1-1 TEL: 0277・22・7580 (3月から10月)9:30〜17:00、(11月〜2月)〜16:00 休園日はホームページを参照 
http://www.city.kiryu.lg.jp/amusementpark/index.html

『ほりえのやきそば』 
群馬県桐生市本町3-5-9 TEL: 0277・47・3680 11:00〜18:00 火・水定休(祝日の場合は営業)

#旅行 記事をもっと読む。
#女子旅
#ショッピング記事をさらにチェック!

#恋愛 記事、
#セックス記事、
#占い 記事も読む。

絶対やめるべき! 結婚を遠ざける「夜のNG生活習慣」5つ