12星座別!【2022年1月の運勢】「最高の運気」を持つのは誰?

文・沙木貴咲 — 2022.1.15 — Page 1/13
2022年も始まり、すでに恋が動き出した人もいれば、些細なことでつまずいてしまっている人もいるかもしれません。2022年を良いかたちで進めるためにも運勢を知っておくことは大事! それでは、今月の恋愛運を12星座別に詳しく見ていきましょう。

【2022年1月の恋愛運】

まずは、12星座別に2022年1月の恋愛運を簡単にチェック!

記事の後半で、1月のおすすめの過ごし方を星座別に、詳しくご説明します!

12星座別! 恋愛運プチまとめ

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

「恋愛より仕事」というムードが高まる月です。心の中ではいろいろと思うことがあるでしょうが、上手にガス抜きをしながら恋と仕事のバランスを取りましょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

人間関係が盛り上がる月ですが、恋のチャンスは間接的で少しわかりづらいでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

熱いやり取りが交わされそうな月です。2021年の年末から情熱がぶつかり合うような恋をしているなら、ふたりの関係がどこに向かうのか、ゴールが見えてきそうです。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

好きな人との関係が盛り上がりやすく、新しい出会いにも恵まれる月です。停滞していた恋には再始動の兆しが見えるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

情熱と冷静をうまく使いこなせる月です。テンションは高く維持しても、地に足のついた行動を心がけて。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

1月は最高の運気。新しい始まりを予感する場面がありそうです。のんびりしすぎるとチャンスを逃すかもしれないので、恋のアンテナはつねに張りめぐらせておいて。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

さっぱりとした恋を楽しめる月ですが、中旬以降は誤解や気持ちのすれ違いに気をつけて。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

2022年は1月から恋愛運がピークを迎えます。好きな人とのやり取りが一気に増えたり、ノーマークだった人が妙に気になったりとチャンスは多め。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

熱量の高い月ですが、やる気が恋愛に注がれる場面はあまり多くないかもしれません。とはいえ、好きな人とのやり取りが多くなり、身近なところから人の輪が広がって出会いが増えそうです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

新しい自分を発見することで恋の仕方が変わりそうです。少し極端な言動でも、それがちょうど良いアピールになる可能性も。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

頭でっかちになりやすく、迷いが出るかもしれないので慎重な行動を心がけて。焦らず堅実な進展を望めば、判断を見誤ることはないでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

自分のリズムを大切に。焦らず様子見を続けたり、自分磨きに精を出したりするといいでしょう。幸せを感じる恋愛とは何か、改めて振り返ってみるのも良さそうです。


ざっくりとチェックできたところで、
「1月の恋愛運」をもっと詳しくみていきましょう!

あなたの「1月の恋愛運」は? 星座をクリック!







 

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2021年現在)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。
この著者の記事一覧はコチラ!

©prostooleh/gettyimages
©Anchiy/gettyimages