2021年「最強の運勢」TOP5大公開! 【星座×干支×血液型】576通りから1位に輝くのは…

文・五十六謀星もっちぃ — 2020.12.1
2021年の干支は「辛丑」(かのとうし)。「辛」も「丑」も、ともに新しいスタートを表す意味合いがありますし、2021年は西洋占星術で見ても「新時代の始まり」を表す星が巡っています。今回は、そんな新時代の寵児となれるのは誰なのか、干支・星座・血液型の3つの組み合わせ、全576パターンの中からトップ5をお伝えします! ここに選ばれていたなら、この1年はきっと大開運の年になることでしょう!

第5位 おひつじ座×申年×AB型

周囲に気配りができて、様々な工夫を重ねて現状を良くしようとする申年の持ち味に加えて、おひつじ座特有の優れた決断力と行動力が加わっているあなた。

そこに今年特に運が良いAB型の理想追求の力も乗っかれば、非常にパワフルに躍進する1年になりそうです。

自分が理想とする働き方や家庭環境などが手に入る1年です。頑張ったことに対する見返りが十分に期待できるでしょう。

第4位 しし座×辰年×B型

自分の力で道を切り開く運気が非常に優れているこの組み合わせのあなたは、常識が様変わりし、新しい価値観が求められるこの1年を、力強くたくましく活動することができるでしょう。

しし座の華やかさとスケールの大きな辰年の野心に、B型の楽観的な考え方が加わると、変化によるストレスをそれほど受けることなく、時代に対して自分色を強く押し出すことができます。

パワフルに生きることを意識して過ごすと素晴らしい幸運が得られるでしょう。

第3位 みずがめ座×酉年×AB型

この3種の占いが示す共通点は「器用さ」です。様々なことに対する適応力の高さと、テクニカルに物事を遂行する力をもっているあなたには、この1年で大きな幸運が訪れることでしょう。

2021年から先しばらくは、みずがめ座の時代が来ると言われています。みずがめ座だけの運気がよいという意味ではありませんが、それにしてもみずがめ座の人々が根底に持っている考え方が世間全体に受け入れられやすくなる時代になることは確かです。

これまで以上に自我を出して、駆け引きや交渉の力を信じて行動するとよいでしょう。

第2位 ふたご座×丑年×A型

丑年には丑年生まれの人の運気がよくなるというのは、東洋の占いにおける伝統的な考え方です。誠実で保守的なところが丑年生まれの人の特徴とされていますが、丑年の1年は、まさにそれを求められる時期になりそう。

特に、実直に学ぶことや、一生懸命に考えることが必要になる2021年には、ふたご座とA型という組み合わせを持っている人の運が特によいと考えられます。

必要なものを手に入れるための駆け足は素早く、トラブルからはひらりと身をかわす、柔軟にしてスピーディーな1年を過ごすことができるでしょう。

第1位 みずがめ座×丑年×O型

年男・年女でもある丑年に秘められた幸運をフル活用できるのは、2020年の年末以降の星回りも好調なみずがめ座の魔力に、実直な努力と判断力を持つO型のあなたに他なりません。あなたの幸運に、色々な存在が力を貸してくれることでしょう。

この1年間は、思いもかけないところから訪れる幸運がたくさん舞い込んでくるはずです。

特別に工夫することはありませんが、自分の心が喜ぶことをして、楽しい気持ちで1年を過ごしましょう。

五十六謀星もっちぃ
 10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
 著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

 HP:https://motty56.com/

©Oscar Wong/gettyimages
©PLASTICBOYSTUDIO/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。