男子禁制女子トーク!

やん、エグい…女性200人調査!彼に求められた「エッチ中の過激行為」

文・紫深(sisin) —
恋愛経験も増えるアラサー世代ですが、夜はどんな駆け引きをしているのでしょうか。そこで今回は、20代後半〜30代前半が多く所属するアンアン総研メンバーに、大人の性癖について教えてもらいました。

【セックスリサーチ】

夜はこんな女になっちゃう……。

「あなたは、セックスでMとSどちらだと思いますか?」という質問をしたところ、下記のような結果が出ました。

・責められるのが好きなM(45%)
・MもSも両方好き(39%)
・責めるのが好きなS(9%)
・その他(6%)

※その他には、「どちらでもない」(31歳・自営業)、「楽なほう」(28歳・自営業)などがありました。

女性に多いといわれるMがやはり多いなか、意外にも「MもSも両方好き」が39%でした。積極的にセックスを楽しみたい大人女性の工夫が感じられますね。

実際に、ヤッてみて気づく性癖は?

受け身なM派

「Sだとどうして良いかわからないから、Mだと思う」(28歳・その他)
「シャイなので…」(27歳・会社員)
「彼のネクタイで目隠しされるのが好き」(22歳・大学生)

責めるのが好きなS派

「イジメるのが楽しい。苦しい顔を見るのが好き」(32歳・公務員)
「結局は、責めているときが一番楽しい」(26歳・契約社員)

MもSも両方好き派

「キツイ言葉でとかではなくて、優しい口調で責められるのはたまらん(笑)。でも、たまにスイッチが入ると、いじめたくなってしまう。照れている男子を見るのは好き」(33歳・専門職)
「責められるのも好きだし、いじめるのも好き」(29歳・会社員)

どのジャンルのコメントにも共通しているのが、「好き」というワードです。理想や妄想はあるものの、実際に自分がセックスをしている時や終わった後に、楽しさを感じられるかどうかがポイントになりそう。

大人女性は、相手の欲求も満たしたい

また、「MもSも両方好き」な女性39%に、相手によってSとMの対応を変えることはありますか? と聞いたところ……。

・変えることがある(52%)
・変えない(21%)
・どちらとも言えない(28%)

臨機応変に対応している女性が、半数以上を占めました。彼女たちはセックスの押し引きを熟知している様子です。

過激なリクエストに、ドキッ……。

相手の求めるリクエストに戸惑った経験は?

・ある(48%)
・ない(28%)
・どちらとも言えない(24%)

半数の女性が、仰天リクエストに出会ったことがあるとか。どんなことを言われたのでしょうか?

「お尻の穴に指を入れてピストン運動をしてくれと言われた」(31歳・会社員)
「精子を飲んで欲しいというリクエスト」(24歳・会社員)
「眼球を舐めて欲しいと言われた」(33歳・主婦)
「手錠してほしいと言われたとき。対応したけど(笑)」(26歳・契約社員)
「昔付き合った男の人が、『おれ、Mなんだよね。だから言葉攻めで立たせてくれないとできないんだ』と言われてドン引きした。私は、ドMとは付き合えないと感じた瞬間。ムードも何もない…」(33歳・専門職)

“手錠”は許容範囲な気もしますが、“眼球”や“お尻の穴”までいくとアブノーマル決定かも!? 相手のリクエストに応えるのも大切ですが、楽しめる範囲で駆け引きしてみてくださいね。


セックス-記事も読む-_バナー

あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡


©fizkes/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages
©Vasyl Dolmatov/Gettyimages
©nd3000/Gettyimages