男子禁制女子トーク!

自信喪失…!? 彼氏がやむを得ず送った「エッチ拒否LINE」3つ

文・塚田牧夫 —
男女が付き合う上でカラダの相性は大事。合えばきっと関係も長続きするでしょう。ただ、自分は合うと思っていても、相手が思っていない場合もあります。すると、急に拒まれてしまうことも……。“やむを得ず送ったエッチ拒否LINE”というテーマで男性たちに聞いてみました!

「ドクターストップがかかった」

「彼とまだ付き合い始めのころ、毎日のようにエッチしていました。一日三回ぐらいを、一週間ぐらい続けていたとき、彼がアソコの痛みを訴えてきたんです。

見ると、赤く腫れあがっていました。“ヒリヒリして痛い”と言うので、病気の可能性も考えて、翌日病院に行くことに。

そして翌日、彼からLINEが入りました。“ドクターストップがかかった”と。原因は、簡単に言えばただの“ヤリすぎ”でした。皮膚が擦れて、赤く腫れてしまったんだそう。

ただ、直接の原因は、“コンドームが肌に合わなかったのではないか”ということでした。残念ながら、しばらくエッチはお預けとなりました」ホソミ(仮名)/27歳

「自信をなくしました…」

「彼の家に初めて遊びに行ったときでした。告白され、その流れでエッチをすることに。もう、ドキドキでした。

彼のアレが大きくなり、まず私が上になる体勢になりました。そこで私が腰を動かしてたんですけど、一分ほどでなんか小さくなってきた……。なんと、彼がすでにイッてたんです。

緊張してたし、そういうこともあるだろうと思っていました。そして、気を取り直して二回戦へ……。

しかし、また騎乗位になったときです。彼のアレがスルスルと小さくなっていく。またもやイッてしまっていた……。でも、初めて結ばれたわけだし、私としては満足でした。

その三日後、再び会う約束をしていました。冗談を交えて“エッチしようね”って送ったんです。そうしたら“自信をなくしました……”と返信が……。

なんでも、騎乗位のときの私の腰使いが凄かったみたい。“あんなに激しく腰を動かす女性を初めて見た”と。

元カレのときは当たり前だったけど、実は普通じゃなかったんですね。でもちょっとだけ、優越感を感じました」ナオミ(仮名)/28歳

「クンニお断り」

「私はクンニされるのがすごく好き。挿入よりも気持ちいいぐらいです。だから彼にも、エッチのときは毎回おねだりしています。

でも、あるとき。会う前日にLINEでやり取りしていたときです。彼が“クンニお断り”と送ってきました。

彼は最近よく“首が痛い”と言っていたんですが、それがクンニのせいではないかと言うんです。長時間のクンニのせいで痛めたと。

それならと、私も“フェラお断り”と送りました。すると“それは困る”と。“じゃあ5分以内ならクンニOK”と譲歩案を出してきました。

そこで私は“じゃあパイズリはなしね”と。そんなヘンテコな交渉の末、“クンニ時間15分”を勝ち取ることができました」カホリ(仮名)/31歳

“彼氏がやむを得ず送ったエッチ拒否LINE”をご紹介しました。

肉体的に限界であれば、さすがに拒否するしかありません。そこは考慮してあげてください。精神面においても、男は案外デリケートです。あまり追い込まないよう、気を使ってあげましょう。

#恋愛 記事、
#LINE 記事を、もっとみる。

#ちょっとエッチな記事 もチェック……!?

男が幻滅してる!アラサー女子の「スッピン問題」… – PR

(C) Stock-Asso / Shutterstock
(C) Sergei_Salnikov / Shutterstock
(C) ArtOfPhotos / Shutterstock