みかんの花にキュン! 5店の“旬のフルーツサンド”が食べたーい

2020.11.6
フルーツ離れどこ吹く風。パン屋に八百屋、パフェ屋までが、各々の強みを生かして、最高のフルーツサンドにアプローチ。フリースタイルなフルーツサンドの世界へようこそ。

INITIAL(イニシャル) 表参道

fruits

パフェ専門店が今夏、断面に果実の花咲くフルーツサンドをリリース。たっぷりの旬の果物と甘さを控えた北海道産生クリームを、もっちりした『the little bakery Tokyo』の北海道産小麦のブリオッシュ食パンにサンド。常時10種ほどが並ぶ。パフェやさんのフルーツサンド 左から、赤ぶどうのお花、みかんのお花 各¥780 キウイのお花¥800

北海道発のシメパフェ専門店。フルーツサンドは、夕方には売り切れ続出。食べたい人はお早めに。東京都渋谷区神宮前6‐12‐7 TEL:03・6803・8979 12:00~23:00(22:30LO、土・日曜11:00~) 不定休

なんとかプレッソ2

fruits

子供の頃の郷愁誘う言葉遊び、「ぱんつくった」がフルーツサンドに!? 自由が丘にある『パンとエスプレッソと自由形』で“ぱんつ”専用に焼いた、純白の食パンにいちご、キウイ、ブルーベリー、オレンジ、バナナなどをカラフルに並べたオープンサンド。ぱんつくった¥500。さらに「みかんくった」「いちごくった」「きういくった」と、全4種がスタンバイ。

『パンとエスプレッソと』の系列店。レモネードやボトルドリンクも忘れずに。東京都渋谷区渋谷2‐24‐12 渋谷スクランブルスクエア 2F TEL:03・6427・3574 10:00~21:00(20:30LO) 休みは施設に準ずる

MOCMO sandwiches(モクモサンドイッチズ)

2224 fruits5

グルテンフリー&低糖質で話題の「クラウドブレッド」を使うサンド専門店。雲のように軽いパンで挟むフィリングはボリューミーで独創的。手前・いちじくの赤ワイン煮ブルーチーズ&キャラメルナッツ(¥620)はイチジクの旨みにブルーチーズクリームの甘じょっぱさがやみつきに。ワインとも好相性。奥・フレッシュフルーツのショートケーキ風¥520

今年3月オープン。ヨーグルトと卵で作るクラウドブレッドを使ったサンドイッチが常時20種ほど揃う。自然派ワインも豊富。東京都三鷹市下連雀1‐17‐4‐1F TEL:050・5374・6141 10:00~17:00 無休

果実店canvas(カンヴァス)

fruits

店主・佐藤圭太さんが太田市場で選び抜いたとびきりの果物だけをサンド。頬張れば果実のコクや繊細な香りが溢れんばかり。幸せのフルーツサンド¥500~。常時5~6種類の日替わり、内容はインスタグラム(@fruitscanvas)で確認を。写真は優しい甘酸っぱさに華やかな後味が印象的な、極早生みかん(手前)、カスタードチョコバナナ(奥)各¥500

品種に加え、わずかな時期の違いや生産者で変わる、「果物本来の味を知ってほしい」との思いで始まった果物店のスイーツ。東京都渋谷区西原2‐33‐14 TEL:050・3778・5471 12:00~18:00(17:00LO) 水曜休

ダイワ 中目黒店

fruits

愛知・岡崎の八百屋が開いたフルーツサンド専門店。果物は毎朝市場で“味利き”し、「今日は梨がうまいから持っていって」的八百屋精神で豪快にサンド。溢れる果汁を受け止める生クリームは果物ごとに配合を変え、ほどよい塩気のオリジナルパンとともに果物を生かしきる。左・ゴールドキウイサンド¥680 右・パイナップルサンド¥580(共に時価)

フルーツサンドは常時11~18種並び、1日1000個以上出る。パフェなどを食べられる『ダカフェ』も恵比寿にオープン。東京都目黒区上目黒1‐13‐6 TEL:非公開 10:00~17:00(売り切れ次第終了) 月曜休

※『anan』2020年11月11日号より。写真・大嶋千尋、土佐麻理子、北尾 渉 取材、文・chico

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。