アンアンからニュースを配信します!

「英語のテストは毎回満点」俳優・神尾楓珠の“特殊能力”とは?

2019.9.7
新進気鋭の映像制作団体「INDIEZ」がYouTubeドラマ『主人公』を制作。制作費はクラウドファンディングで集めたことも話題を呼んでいる。主人公の原純太を演じたのは、これがドラマ初主演だという神尾楓珠さん。ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』では、自殺したクラスメイトの澪奈が所属していた水泳部のマネージャーという重要な役どころを演じた。

「ものづくりと深く関われる。初主演ドラマがこの作品でよかった」

youtube

「クランクインの日、スタッフは監督、助監督、カメラマン、音声の4人しかいなくて、これまでのドラマ現場とは違いすぎてびっくりしました。監督の自宅アパートをロケの楽屋として使ったり、監督自らセットチェンジをしたりととにかく斬新で、僕ら出演者も協力し合って撮影しました。でも、そんなアットホームな現場がすごく心地よかったし、初主演がこの作品でよかったなって思いました。僕が提案したことに対しても『じゃ、それ一回やってみよっか』ってみんな乗ってくれて。自分もちゃんとものづくりに関われていると実感できました」

就活中の大学生・純太は“エンパス”という共感能力を抱えた青年。

「エンパスは、日本人の5人に1人が持っているといわれているんですが、純太は結構重度で、人の悩みをそのまま吸収し、自分のことのように悩んで苦しんでしまうタイプ。全6話の中には、若者たちのいろんな悩みが出てくるので、きっと視聴者の方にも共感していただける部分があるはず。純太の、苦しみを乗り越えて成長していく姿も見どころです。ちなみに、僕が持っている人と違う能力は、“カメラアイ”。高校時代、教科書のページをそのまま写真を撮るように暗記していたので、英語のテストは毎回満点でした。ただ台本を覚える時は、文脈や感情を汲み取らなければいけないので、その能力は使えないんですけどね(笑)」

『主人公』 将来のことや恋愛のこと…大学生たちが抱える様々な悩みに、“エンパス”を持つ原純太が向き合う物語。YouTube内「INDIEZ」チャンネルで、第1話配信中。第2話は9月9日18時配信予定。全6話(各話20分)。

かみお・ふうじゅ 1999年1月21日生まれ、東京都出身。出演映画『HiGH&LOW THE WORST』が10月4日に、『転がるビー玉』が年内公開予定。出演舞台『里見八犬伝』は10~12月に上演予定。

※『anan』2019年9月11日号より。写真・小林真梨子 インタビュー、文・若山あや

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

ストレスでブスになる…? 胃腸美人診断にトライしてみた!