アンアンからニュースを配信します!

「メリハリメイク」をプロが伝授! ハイライトは鼻筋ではなく…?

2019.7.28
七難隠す、メリハリメイクについて、ヘア&メイクアップアーティスト・森本美紀さんにお話を聞きました。

明暗と強弱が立体顔の基礎。

メリハリとは、明るい暗い、太い細いの対比のこと。「顔の骨格は立体的。明るいところは前に出て見え、暗いところは引っ込んで見えるんです。この法則をもとに明るさをコントロールしながらメイクすると顔のパーツが整理整頓されて、スッキリ、知的に。暗く見せたいところはシェーディングは使わず、素肌の色を活用すればより自然に仕上がります」(ヘア&メイクアップアーティスト・森本美紀さん)

パーツごとに濃淡を意識!

自分のパーツを理解した上で適材適所の立体感を授ければ、スマートにメリハリがつけられる。「鼻が低いならハイライトで鼻筋を際立たせる、まぶたが奥二重ならアイホールに明るい色を広げたあと二重幅に締め色を重ねて奥行きを演出するなど、ミニマムで十分。メイクの必要がないパーツをノータッチにすることで今っぽい抜け感も手に入れられます」

濃く重ねるより、ポイントを重視。

印象を強めたいパーツはついメイクを盛ってしまいがちだけど、メリハリ顔のために大切なのは、何を隠そう引き算。「トゥーマッチなメイクは本人の持ち味を打ち消してしまう可能性大。自分の顔という土台を基準に、必要なものを足し、いらないものは省く。メイクの効果を理解した上でピンポイントに施すメイクこそが美人な表情を連れてくると心得て」

23

ファンデは凹凸を利用して、チークは三角入れで立体感を演出。
ファンデは「目の下や頬などカバーしたい部分にだけ塗れば十分。顔全体が美肌に映ります」。チークは「顔の側面を起点に頬の笑うと高くなるところに向かって三角形に入れることでナチュラルなグラデが誕生」。

makeup

眉頭を濃く、眉尻を淡く。グラデーションでメリハリづけ。
眉が濃く全体的に太い人は「眉頭から眉尻に向かって徐々に細くなるように描くのが正解」。眉が細く全体的に薄い人は「ペンシルで眉頭を太めに、眉尻に向かって印象を弱めて」。ペン先は寝かせて優しく色を足す。

25

何層ものグラデーションは不要。“濃淡2色重ね”で理想の陰影に。
明るい色と暗い色の2色があればどんな目の人でも十分印象的に。「パールベージュなどハイライトカラーをアイホール全体に入れて、ダークカラーを目尻から目頭に向かってキワに入れ、上にぼかすのがポイント」

26

黒々とした上まぶたのキワこそ吸い込まれそうな瞳の立役者。
目元を魅力的にする鍵は目のキワが黒々としているかどうか。「ボリュームタイプのマスカラを根元からたっぷり塗ったあと、生え際の隙間をアイライナーの先端で点埋めしてまつ毛の密度を上げるのが重要です」

27

ハイライトで鼻筋をスラリ! 目を大きく見せる効果も狙える。
鼻が低いことに悩んでいるあなたにオススメなのがノーズハイライト。「鼻筋ではなく、眉頭の下の鼻の付け根から目頭のくぼみにかけて、指の先でなでるようにひとさじ。このひと手間で鼻筋がスッと際立ちます」

makeup

リップはメイクのラストに投入。バランサーの役割を与えて。
リップの色は、顔全体のメイクバランスを考慮してから選ぶのが◎。「アイシャドウやチークが主張しているときは色を抑えめに、ナチュラルメイクの時ははっきりした色を選ぶこと。色のトーンはチークと揃えて」

森本美紀さん ヘア&メイクアップアーティスト。主宰するプライベートサロン『Atelier ZOE』ではメイクレッスンも開催。著書に『女の人生は朝10分のメイクで変わる』(文響社)。Instagram:@miki.zoe

※『anan』2019年7月31日号より。イラスト・アベミズキ 取材、文・石橋里奈

(by anan編集部)

美容-記事をもっと読む-_バナー

朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。