アンアンからニュースを配信します!

「メリー・ポピンズってめちゃおいしいキャラ」主演女優語る

2019.1.30
オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は『メリー・ポピンズ リターンズ』です。
映画

年の時を経て名作の続編爆誕! 親世代の女性まで泣かせるわよ。

メリー・ポピンズといえば、ミュージカルの大傑作。近年では、浅田真央さんのエキシビション演目だったり日本人キャスト版ミュージカルだったりで話題になったけど、もともとは1964年に大ブレイクしたディズニー映画で、児童小説が原作なのよ。実写とアニメーションを合成したり、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」とか「チム・チム・チェリー」とか楽曲群がむちゃくちゃ印象的でかわいかったりで、当時としては斬新すぎた名作中の名作。

その続編が21世紀にまさかの爆誕! といっても、前作のストーリーを知らないって人も多いわよね。簡単に言うと、超厳格な銀行家のお父さんに愛されたいバンクス姉弟が、ナニー(乳母)にいたずらしすぎて居つかなかったところ、空から魔法使いのメリー・ポピンズがナニーとしてやってきて一家の問題を解決ってお話。続編で主演を務めたエミリー・ブラントは「この作品の出演が決まった瞬間、すぐに恐怖を覚えたわ」とプレッシャーを感じたそう。

「前作の(ジュリー・アンドリュースの)安っぽいものまねはダメだし、そもそもメリー・ポピンズはアイコンじゃない! 正直、嬉しい半面、プレッシャーでどうかなりそうだったわ。だから、あえて前作は観ないで、原作を読んで準備したの。そもそもこの物語、メリー・ポピンズはどんなものだったかってことを分析したわ。そこで分かったのは、メリー・ポピンズってアドレナリン中毒みたいな性格だってこと。だから冒険好きだし、子どもも大好き。私が演じるうえではめちゃおいしいキャラだって気づいて、ちょっと気分が楽になったわ(笑)」

続編は前作から20年後が舞台。大人になったバンクス姉弟には新たな危機が迫っていて、しかも弟マイケルの妻は死去。彼の3人の子どもたちは姉弟に似てめちゃやんちゃ。そこでメリー・ポピンズの登場というわけ。

「子どもたちには母親を失った喪失感がある。それは2人の娘の母である私も考えていたことなの。その喪失感の克服を子どもたちに教える重要なシーンの撮影は今でも忘れられない大事な思い出になっているわ」

53

『メリー・ポピンズ リターンズ』 ディズニー・レジェンドの長老俳優も多数出演! 監督/ロブ・マーシャル 出演/エミリー・ブラント、ベン・ウィショー、リン=マニュエル・ミランダほか 2月1日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。©2019 Disney Enterprises Inc.

エミリー・ブラント 1983年、ロンドン生まれ。『プラダを着た悪魔』(‘06)でゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞で助演女優賞の候補入りをした。2010年に監督・俳優のジョン・クラシンスキーと結婚。

※『anan』2019年2月6日号より。インタビュー、文・よしひろ まさみち(オネエ系映画ライター)

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

500円を積み重ねる資産運用!ズボラ女子のための楽しんでお金を増やす方法