アンアンからニュースを配信します!

始めて6年目で日本代表に! バレー山内晶大選手、素顔は“京都好き”

2017.10.26
身長204cm! 大活躍中のバレーボール山内晶大選手にお話を伺いました!

バレーボール選手になるなんて、想像すらしてなかったんです。

2075_P030-035_バレーボール3

204cmという身長を生かし、全日本男子バレーボールチーム「龍神NIPPON」や所属の「パナソニック パンサーズ」で、ミドルブロッカーとして活躍する山内晶大選手。高校入学後にバレーボールを始め、6年目で日本代表に選ばれた才能の持ち主だ。

「小中とやっていたバスケをと思ったけれど、想像以上にボディコンタクトが激しくて体の線が細い僕には無理だと。そこで体育の担当だった先生に誘われてバレーボール部に入部したんです」

けっして積極的とはいえず、始めたものの、すぐに面白さに目覚めたという。

「できることが増えるのが楽しくて。高校3年で国体の愛知県選抜に選ばれて、練習も含めてレベルの高いバレーに触れることができた。そこで大学に進学してバレーを続けたいと心が決まりました」

愛知学院大学に進学後はチームで練習すると同時に、複数の企業チームでの練習にも積極的に参加。後に日本代表監督となった南部監督にもそこで出会う。小中学生から活躍してきた選手も多いバレーボール界で、まるでキャリアを補うようにして急速に経験を積んできた。やがて大学3年の’14年に全日本入りを果たす。

「もちろんびっくりしました。自分は本当に、出会いを積み重ねた縁でここまで来れたんだなって」

振り返る山内選手からは、謙虚で穏やかな人柄が伝わる。ただ与えられた大きなステージでの役割をきっちり果たし、今も大きな伸びしろを持つチーム期待の選手であり続けるのは、彼の実力ゆえ。

「心がけているのは常に平常心でいること。プレー中は一連の流れで打ったり止めたりしますが、サーブは個人プレーなので、余計意識しますね。観客席に近いから応援の声も聞こえ、やるぞと思う半面、プレッシャーもある。磨きたいのは、ブロックやクイック。課題であり、目立ってもいきたい」

今年9月に行われたグラチャンバレーでは残念ながら全敗。

「強豪国はレベルが高かったけれど、課題も見つかり克服するためにやることもわかったのが収穫」

と前を見据える。3年後にオリンピックを控えて、目指す方向は?

「今はまだ全日本でもパナソニックでも若い方で先輩に頼っている部分があるけれど、これからはチームの主軸となって支えられるようなプレーヤーになっていきたいです。できることを増やして、東京オリンピック代表に選ばれるようになりたい。存在的にもパフォーマンス的にも、そして体も大きくすることを目標にしています」

プライベートも気になります!

2075_P030-035_バレーボール44

・オフの日の楽しみは?
「アウトレットに行ったり、家で漫画を読んだり海外ドラマを見たりしています。出かけるのは京都が好き。海外の観光客が多いから、背が高くても目立ちすぎることもなくて過ごしやすいんです」

・どんな漫画を読んでる?
「少年漫画が好きなんですよ。『スラムダンク』『あひるの空』『MAJOR』『GIANT KILLING』『キングダム』『ジョジョの奇妙な冒険』『宇宙兄弟』。家でゆった
り読むのが楽しみです」

やまうち・あきひろ 1993年11月30日生まれ。愛知県名古屋市出身。パナソニック パンサーズ所属。高校から始め、大学時代から日本人では希少な大型のミドルブロッカーとして全日本代表で活躍。

※『anan』2017年11月1日号より。写真・小笠原真紀 インタビュー、文・大和まこ

(by anan編集部)

黒い絵が何に見えるかで分かっちゃう! あなたの“ストレスのもと”


【痩せるためにはアレをする!】ダイエット部成功の秘密!