恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

お股を触ったのに…女は欲求不満!「レスカップルの会話」覗き見|「レスなひとびと」

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ — 2018.11.1
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は付き合ってるのにキス止まりの恋愛中セックスレス相談に対して、三松さんがアドバイスします。

【レスなひとびと】vol. 1

紗里那(30歳)、彼氏ができてもキスどまりのワケ

レス1

5回目のデートでもSEXなし

紗里那は通信業社でデスクワークの仕事をしている。高めの時給、制服があることで選んだ派遣先だ。実家暮らしなので、買いたいものは買える幸せは感じている。が、母親からの「正社員になれないなら結婚しなさい」のワンパターンフレーズに頭を悩ませている。

とはいえ、彼氏はできたのだ。

7か月前。友達の若葉が30歳突入バースデーを企画してくれたときのこと。レンタルルームでケータリングのバースデー。女子5人うち彼氏ナシ3人。若葉はアリ属。紗里那はナシ属に所属していた。その日までは。

天使が30歳のバースデーに気を利かせたのか、そこに現れたリク。32歳。ベンチャーのケータリング会社専務。専務と言っても学生時代の仲間でやりはじめた小さなケータリング会社。紗里那のバースデー当日は人手不足により、リクが料理とケーキを運んできた。

サラッとヘアでスキニーがよく似合う細身。マジ顔でオードブルの説明をするリクに、長いこと眠っていた紗里那の恋センサーが振れた。リクがいなくなってから当然5人は「独りもんかな」あてっこゲーム。「イケメンってことはないけど、清潔そうでいい感じよね」「ヤワそうに見えるけど名刺に専務って書いてあるからやり手かも」と20分は想像ディスカッション。

時間が来て、後片付けにきたとき若葉が酔ったふりをして「彼女さんいたりします?」と直球を投げたのだ。

「いえ、いません。でもやっと仕事が落ち着いたのでそろそろ・・」

絶妙な返しだった。紗里那は勝負に出た。
「あのう、今度うちの会社でする女子会幹事なんですけど、オーダーしていいですか」

あとはスムーズだった。SNSに味方され、見事「お付き合い」締結。リクは土日が書き入れ時なので平日の夜デートを重ねる「派遣でよかった、残業がない」と紗里那は平日夜をリクと過ごすことで充実……のはいいのだが。

初キスは完遂。ネットで調べた平均値、3回目のデートで。順調にいけば5回目のデートでセックスのはず。紗里那はリクが部屋に誘ってくれた5回目のデートで鼻息荒く、スタンバイした。リクの会社のケータリングディナー、ラザニアを食べたあと、「シャワー浴びる?」という言葉を待っていた。
しかし……いつもと同じ、肩を抱き寄せせてキス。以上。

「じゃあ、駅まで送っていくよ」

いつまで待ってもこのパターンがくつがえることはない。

キス →  「じゃあ、送っていくよ」

紗里那は7か月間、この状況を若葉にも言わずにジリジリしていた。そして「付き合ってる彼氏がエッチしてくれません。これって異常ですか」と我が相談所にお悩み相談に来ることに。

付き合ってるのにセックスレスのワケ

セックスレスは、何回かいたしたあと陥るのがスタンダードですが、紗里那さんのように、「しょっぱなからない」ケースも実はあります。紗里那さんはまだお泊りすらしていないので、まだ上等です。なかには「お泊りしても手をつないで寝るだけ」のカップルもいるのです。紗里那さんカップルはなぜセックスに進行しないのか。

質問をしてみました。

ーー彼とはエッチな会話をしたことない?

紗里那 あります。エロゲーを見せて、「こういうのしないの?」って聞いたら「子どもみたいな女性がおっぱい大きいのって気味悪い」って。「じゃあ大人の動画は?」って聞いたら「現実味がない」って。それっきり、エッチな会話しかけると不機嫌に。

ーー紗里那さんからタッチしたりしてみた?

紗里那 キスのときに背中に手を這わせたり、あと股間触ったんですけど、逃げられました。「そういうことしないの?」って聞いたら「まあいつかは」って。それからは進歩なし。

ーー彼の趣味は何?

紗里那 仕事柄、外でいろいろな種類のゴハン食べること。パーティ料理のサイトを見たりもしてます。デパ地下の惣菜コーナーも行きます。それ以外は趣味ってないです。

ーー二人の将来の話は出る?

紗里那 出ません。彼の仕事の将来像は出ます。違うジャンルの部署を立ち上げるとか。私の仕事のことは聞いてきません。

ーー家族の話はする?

紗里那 します。普通の家庭だって。オタクのおにいさんがいるのも言ってました。私の家族の話も聞いてはくれます。「家族に会いたい」ってことは言いません。私はお会いしたいけど。

ーー彼は今のところ結婚願望はレスであります。紗里那さんに反省点があるとしたら「寂しい」と言っていないこと。物わかりのいい彼女になりすぎました。ズケズケ「してよ、してよーー」と強要するは効果がないのですが、「まあいつか」と言われたときの機転が物を言います。「キスだけじゃ寂しい」と甘えてみることも必要なのです。あまりに自立して、ちょっとやそっとじゃへこまない空気を醸し出していると男性のほうが甘えてしまいます。そのほうがラクだから。

セックスを遠ざける心理は彼から聞かねば正解は出ません。一般論としては過去失敗していて、自信がない。メンタルが疲れていてED気味。結婚に必要性を感じていなくて、セックスすると結婚マストになりそうで怖い。そして一番悲しいのは『もともと性欲がない』。

結婚前のセックスレスが、結婚後改善することは相当困難であります。以前、紗里那さんと似た悩みの女性に「結婚してもレスが続く可能性が大きい」と注意しました。式場を予約しているからキャンセルしたくないと結婚をしてしまいました。そして1年後、彼女は泣きながらまたやって来ました。ハネムーンで1度したきりだそうです。

つまり「セックスが苦手な男性はいるんです!」そこを結婚前に見極めてください。紗里那さんの場合、一点確認事項があります。

「彼は本当に付き合ってる意識があるのか。付き合ってると思っているのは紗里那さんだけ」

温度差の違いでは済まされぬ、ああ勘違い。彼が「チュができる友達」としか捉えてなかったらどうする!!! お付き合いの定義を合わせておくことを忘れずに。

三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とSEX観にも造詣が深い。

Information

参考
第15回出生動向基本調査
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_PressRelease.pdf


#恋愛 記事をもっと読む。
#悩み相談 について、さらに覗いてみる♡


#男の本音 記事、
#占い 記事も読む。

chapup誘導用_タイトル2


あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡