恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

桜田通が、「ひとりにしないで」とお願いした相手とは!?

写真・角戸菜摘 文・田嶋真理 スタイリスト・柴田 圭(ZEN creative)ヘアメイク・横山雷志郎(Yolken) — 2019.4.3
今回、ご紹介する作品は、20代の揺れる心を描いた音楽青春映画『ラ』。ボーカルを務めたバンドの再結成を目指し、失われた友情を取り戻すために奮闘する主人公・慎平を熱演した桜田通さんにお話を伺いました。

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 34

演技でも音楽でも存在感を発揮する表現者

190124kt043-2

赤ちゃんの産声、オーケストラのチューニング音、国際基準周波数……実はこれらはすべて「ラ」の音。人間にとって「ラ」は、始まりの音といっても過言ではありません。その「ラ」をタイトルに冠した本作のテーマは、始まり、生まれ変わり。主人公の岡浜慎平は、恋人・ゆかりの家で生活を送るヒモ男。解散したバンド「LACTIC ACID」の再結成に向けて奔走するうちに、恋人や元メンバーたちとの関係が変化していくさまが描かれています。

慎平を演じたのは、連続ドラマ『パーフェクトクライム』の好演が記憶に新しく、映画『EVEN~君に贈る歌~』では主演バンドのメインボーカル役を務め、劇中バンドにてメジャーデビューを果たすなど、幅広い活動をする桜田通さん。慎平に貢ぐ恋人・加瀬ゆかりを福田麻由子さん、バンドの元メンバーで、慎平をあやしい仕事に誘う黒やんこと黒須彰太を笠松将さんがそれぞれ演じています。

ーー慎平を演じる際に、難しかったところは?

桜田さん 慎平と僕には、ほとんど共通点がなくて。演じるにあたり、自分を徹底的に封じ込めようと心がけました。慎平は、夢を追いかける過程で周りが見えなくなり、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまいます。僕は少しでも不安要素があれば、まずそれを片付けてから先に進みたいタイプ。脚本を読んだ当初は、自分だったら慎平のようにはならないなと思いました。監督と話し合って、慎平の気持ちをしっかりと理解してから撮影に挑みました。

ーー慎平は恋人に対してはダメ男ですが、夢に対しては一途な姿勢を見せます。

桜田さん 慎平は、ゆかりの存在に救われていると思います。彼が『ラ』の後にどういう運命をたどるのかは明らかになっていません。もし、慎平がバンドで成功する夢をかなえられたとしたら、ゆかりから借りたお金を返すだろうと。彼の明るい未来を信じてあげたくなりました。

190124kt012-2

ーーこの映画ならではの役作りは?

桜田さん この映画で演奏する曲を練習しましたが、それに多くの時間を割く必要はありませんでした。もともと音楽活動も行っていたので、歌唱シーンにもこれまでの経験が生かせたと思います。

ーー劇中で披露される曲の作詞も担当されています。

桜田さん 夜中に15分ほどで一気に書き上げました。普段、自分の曲を書くときは時間がかかるので、あまりにもすんなりとできたことに驚きました。慎平という役が僕の体に染みついていて、彼の目線で書けたからこそ、迷いなく言葉が下りてきたんだと思います。

ーーミュージシャンとして歌うときと、俳優として歌うときの違いは?

桜田さん 『EVEN~君に贈る歌~』でもバンドのボーカルを演じているのですが、映像を見比べたとき、無意識に違いが出ていることに気づきました。『ラ』の慎平は心から楽しそうに歌っていますし、『EVEN~君に贈る歌~』で演じた武人は憂いに満ちた表情をしていました。桜田として音楽活動をしているときは、全身から反骨精神を醸し出しています。音楽は表現するもの。状況次第でこれほどまでに印象が変わるんだなと驚きました。

190124kt041-2

ーー映画のポスターになっている、慎平と黒やんが雨の中、泥だらけになりながら殴り合うシーンが強く印象に残っています。アクション・シーンでケガをしたことは?

桜田さん 安全に配慮した撮影でしたから、怪我をすることはありませんでした。個人的には、泥だらけで黒やんに殴られるシーンよりも、ゆかりの慎平に対する深すぎる愛情があらわれるシーンのほうが怖かったです(笑)。

ーーゆかりに監禁されているようなシーンもありましたよね(笑)。

桜田さん 特にカレーをぐつぐつ煮込んでいるシーンが怖くて。ゆかりなら、体から発するエネルギーで、カレーを煮込むことができるんじゃないかと(笑)。観る者にそう思わせるほど、ゆかりを演じた福田さんの演技は、インパクトが強くて素晴らしかったです。

190124kt007-2

ーー慎平がゆかりに「ひとりにしないで」と懇願するシーンを観たら、桜田さんのファンがもれなく胸キュンすると思います。プライベートで「ひとりにしないで」とお願いしたことは?

桜田さん 地方へ行ったとき、僕が泊るはずだったホテルの部屋がとても怖くて。「ひとりにしないで」と言ったことがあります。

ーー恋愛ではなく、心霊系の状況ですね(笑)。

桜田さん 僕が「一緒に寝ようぜ」とお願いして、その夜は男友達3人で寝ました(笑)。

ーー慎平のように、あきらめられない夢、かなえたい夢は?

桜田さん もし、ブラッドリー・クーパーのようなハリウッド・スターになれたとしても、幸せでなければ意味がありません。夢をかなえることよりも、自分が幸せだと思える立場で、身近にいる方を安心させるような生き方をしていきたいと思っています。

190124kt003

インタビューのこぼれ話

『ラ』で演じた慎平は、恋人に尽くされるタイプ。桜田さんご自身は尽くす派? 尽くされる派? 「僕は好きな人のためなら、何でもやってあげたいタイプ。尽くされたとしても、その倍以上尽くします」。桜田さんに尽くされたいファン急増の予感! 

Information

CL303193

映画『ラ』
4月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
出演:桜田通、福田麻由子、笠松将ほか
監督:高橋朋広
配給:アークエンタテインメント
公式サイト:http://movie-la.com/
©2018映画『ラ』製作委員会

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選