好きなこと、話そ!

田代 わこ

人気の若冲、なんと徳川家光の絵も…思わず笑う『へそまがり日本美術』

2019.3.30
府中市美術館で『へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで』が開催中です。この展覧会では、ユルくてかわいい「ヘタウマ」絵や、思わずツッコミを入れたくなる「おかしな」絵など、破壊力抜群の楽しいアートが勢ぞろい。テレビなどで続々と紹介されている話題の展覧会を取材させていただきました!

「へそまがり」に注目!

【女子的アートナビ】vol. 144

美しく完璧に整った絵だけでなく、ちょっとヘンな絵にも感動することってありますよね。そんな「へそまがり」な感性に注目して日本美術を味わってみようと企画されたのが『へそまがり日本美術』展。

IMG_1388-1280x876

入口の雰囲気も、どことなくユル~い感じで期待が高まります!

IMG_1389-1280x1280

展示されているのは、中世の水墨画や江戸時代に活躍した人気絵師たちの作品、さらに近現代のヘタウマ漫画など約140点。日本美術展のはずなのに、なぜかフランスの画家、アンリ・ルソーの絵も紛れ込んでいる自由な展覧会です。

学芸員さんのオススメは…?

今回は、展覧会の企画を担当された学芸員の金子信久さんに女子向けのオススメ作品をセレクトしていただき、anan世代の学芸員、大澤真理子さんが解説してくださいました。

IMG_1390-1280x960

まず、ひとつめのオススメは、ユニークな絵で知られる仙厓義梵(せんがい ぎぼん)の《豊干禅師・寒山拾得図屛風》。虎に乗って周りを驚かせた禅僧とその弟子たちを描いた作品です。

IMG_1391-1280x960

「仙厓は小さな作品が多いのですけど、大作もあります。このテーマの絵で子虎が描かれるのは珍しいんですよ。一筋縄ではいかない虎のかわいさが女子に人気です」と大澤さん。本作は前期のみの展示です。

かわいい? 動物たち

IMG_1393-1280x855

続いてのオススメは、長沢蘆雪(ながさわ ろせつ)の《菊花子犬図》。

大澤さん この絵の隣には、蘆雪の師匠である円山応挙が子犬を描いた《時雨狗子図》が展示されています。2つの作品を比べると、蘆雪のほうは造形がゆるいところがあり、くたっとしている姿に和んでいただけるかなと思います。

ーー次のオススメ作品は、遠藤曰人(えんどう あつじん)が描いた《蛙の相撲図》。江戸時代後期の俳画です。

IMG_1394-1280x957

この蛙くんたち、インパクトがありますね!

大澤さん どうしちゃったの、とツッコミたくなる絵ですよね(笑)。でも、作者は仙台藩士で、俳句もたしなんでいた人なのです。

ーー江戸時代の武士たちは、「たしなみ」のひとつとして絵を描いていたそうですが、こんなギャグマンガのような蛙を描く武士さん、なかなかステキです!

ウワサのお殿さまも登場!

IMG_1395-1280x960

学芸員さんセレクト、最後はネットでも話題になっている三代将軍・徳川家光公の作品3点です。

IMG_1396-1280x9581

まずは大人気の《鳳凰図》。あまりにもかわいいので、ネット世界では「ピヨピヨ鳳凰」と呼ばれているそうです!

IMG_1397-1280x958

続いては、展覧会のメインビジュアルにも使われている《兎図》。ユルいというかヘタウマというか、なんともコメントしづらいビミョーな作品です。

大澤さん 家光公の周りには狩野探幽などがいたはずなのですが、狩野派とはまったく違う画風になっています。家光独自のスタイルですが、よく見ると、適当に描いたら絶対に出せないリアリティとか、ふわふわ感とか、ウサギらしさを出そうとしている様子がわかります。まじめにリアルにウサギを再現しようと思って描いています。

IMG_1402-1280x960

ちなみに、このウサギちゃんはトートバッグにもなっています。税込み¥1,350。なんともいえない味わいがあり、思わず買ってしまいました!

IMG_1398-a1280x890

最後は《木兎(みみずく)図》。まるでトトロのような造形で、本当にかわいいです!

大澤さん ミミズクの目の部分などは単にぐりぐりと描いたのではなく、薄い墨を塗り重ねています。耳のあたりもかなり細い描線を使っているので、丁寧に描いた作品ではないかと思います。

お殿さまの貴重な3作品、すべて見られるのは前期のみです。

人気の若冲もあります!

IMG_1400-1280x960

また、会場では、人気絵師、伊藤若冲の作品も数点見ることができます。特に、《福禄寿図》は新発見されたもので、今回が初公開。貴重な作品ですが、おでこが長すぎて、たまらなくユルいです。

IMG_1401-1280x960

『へそまがり日本美術』は前期と後期で大幅な展示替えが行われます。府中市美術館では、2度目の観覧料が半額となるうれしいサービスがあるので、リピートしたほうが絶対にお得。しかも、美術館がある府中の森公園には桜並木があり、春になるとお花見も楽しめます。ぜひ春デートに、足を運んでみてくださいね!

Information

会期:〜5月12日(日)前期:3月16日[土]~ 4月14日[日]、後期:4月16日[火]~ 5月12日[日]※大幅な展示替えがあります。
開館時間:10:00 〜 17:00(入場は16:30まで)
開催場所:府中市美術館
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日[火]
入場料:一般¥700 、大学生・高校生¥350、中学生・小学生¥150 
※観覧券を購入すると、2度目は半額になる割引券が付いています(本展1回限り有効)
公式サイト:http://fam-exhibition.com/hesoten/


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選