好きなこと、話そ!

角 侑子

30歳超えても結婚願望なし…! これって焦るべき?

2018.10.20
1人がいいと決めているワケじゃない。でも、結婚したいと強くも思えない。アラサーだからって皆がみんな、ハッキリと自分の将来を見据えてすぐ行動できるわけではありませんよね。でも、刻一刻と過ぎていく月日を淡々と生きていくと……。やっぱり焦ってでも婚活したほうが良いのかな?と、自分の生き方に迷いが生じるもの。そこで今回は、これから30歳を迎える結婚願望低めの女性に送る、アラサー先輩のリアルな声をお届けします。

無理やりの婚活を経て、呪縛から解放

焦り1

私は結婚適齢期って、結婚に適切な年齢のことじゃなくて「自分が結婚したいと思える時期」だと捉えています。だからね、そのうち「結婚したいなぁ」って思ったら、その適齢期に婚活しようと思っていたのですが……35歳過ぎた今でも結婚したいと思えない(笑)。それで少し前に、無理にでも婚活しとくべきか?と焦って婚活をしました。でも結局、どの男性も好きになれなかったですね。

いろいろな人と無理にデートして、無理に相手に合わせて。なんで休日を使ってまで興味のない男に気を使わなくちゃいけないの? そう思ったその瞬間から婚活に疲れて、この時間を自分の趣味にあてがったほうがずっと人生を楽しく過ごせるじゃん。じゃ、婚活はいいやって思ってやめました。今は「焦り」という呪縛から解けて、もう結婚してもしなくてもどっちでも良いと思ってます。(36歳/外資OL)

自分の将来に対する焦り、不安から婚活を無理に始めてみたことで、結果的に結婚が自分にとって絶対に必要なことではなかったと思えたのですね。この方は婚活に疲れて、時間を無駄にしたと話していましたが、婚活をしたことで自分の生き方に明確な答えを出せたのか、私から見たこの女性は、とても輝いていて幸せそうな顔が印象的でした。

流れに身を任せていたら、今の幸せに

焦り2

29歳で彼氏と価値観の違いでお別れをしたときに、「あ、これで私は人生おひとりさまコースだ」と確信しました。30歳を過ぎたら出会う周りの男性は既婚者ばかりだろうし、年下の男性は私より若い子と付き合うだろうし。やばいな、しっかりひとりで生きていけるようせめて老後の貯金と、仕事だけは手放さないようにしなくちゃ……。みたいに覚悟していました。

あ、そういえば。不思議と婚活はしようと思わなかったです。彼氏と別れて将来に対する焦りはあっても、だからって結婚を絶対にしたい!って思っていなくて。結婚をしたいと思える相手に出会えていたら別なんでしょうけど、あいにくそういう人が全くいなかったから結婚を想像できなかったんです。

でも、別れた直後、友達が連れて行ってくれたイベントで今の夫と出会って夫からの熱烈なアプローチに流されるように付き合って、気づいたら結婚してました(笑)。人生何があるかわからないものですよね、結婚式をあげる1年半前まで、自分は将来結婚できないと思っていたのに。(32歳/事務)

まさに運命的な出会いですね! 失恋の後には良いご縁がやってくるというのはやはり本当なのでしょうか……。この方に、「もし今のご主人と出会うことなく、予言通りにおひとりさまだったとしたら、婚活をしなかったことに後悔すると思いますか?」と聞いみると「わからない。その生き方を選んだ自分なりの覚悟はしているから後悔はしないと思う。」と、強い意志のある返答をいただきました。焦り・不安から抜けるには、どの道を選んでも後悔しないと思えるくらいに自分の判断を信じることが大切なのかもしれません。

結論:焦っても答えがすぐ出るわけではない

30〜35歳の間は、20代の頃以上に周りとの環境の違いや、自分自身の将来について、より現実的な不安や焦りを感じ始める時期だそう。でも、だからといって焦っていても結局、求めているような答えはすぐにはやってこない。

ただ先の見えない将来に不安を感じるよりも、結婚する・しないに限らず自分にとって幸せだと思える瞬間を一日のなかでどれだけ作っていけるかが大切だとお二人は語ってくれました。ご自身の将来に対して不安を感じたときこそ、肩の力を抜いて日々の生活を見直してみるのも良いのかもしれませんね。ぜひ、ご参考までに!


#恋愛 記事をもっと読む。
#占い 記事をもっと読む。

あなたは大丈夫...?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡