夫婦仲が悪くなる…探偵が教える「不倫のカマかけが失敗する」理由

文・三谷真美 — 2021.2.15
パートナーの様子が最近おかしいけど、証拠はない…。そんな時に試みたくなる「カマかけ」ですが、浮気・不倫調査のプロ『総合探偵社(株)MR』によると、不倫中の夫には効果がないどころか、夫婦仲が悪くなる可能性があるのでオススメできないとのこと。そんな「カマかけ」が失敗しがちな理由とは?

カマかけがNGな理由とは?

不倫 夫婦仲 探偵 かまかけ

浮気・不倫調査を得意とする大手探偵事務所、総合探偵社(株)MRに、不倫を疑うべき夫の行動を教えてもらいました。

愛人への思いが強くなる

不倫中というのは、パートナーの愛情が愛人へ向かっている状況です。そのタイミングでカマかけをすると、不倫している側は、カマをかけられた不快感や気まずさを都合よく利用し、「やはり妻は性格が悪い」「こういうところが嫌だ」と、愛人への思いを強くすることが多いです。探偵社としての経験から、カマをかけることは積極的におすすめしません。

ーーカマをかけたことが夫に伝わると、妻へ不信感や嫌悪感を抱いてしまう模様。愛人へ夢中になっている時は、夫を試すようなことをしないほうがいいのかもしれません。

「寝言で女性の名前を言っていた」は警戒するだけ

よく聞くカマかけに、「寝言で女性の名前を言っていた」というのがありますが、言われたほうは警戒してしまうだけで効果がないことが多いです。浮気している時は頭の中がお花畑なので、寝言を理由にしたカマかけ程度では不倫をやめないし、夫婦仲が悪くなる可能性が高いです。

ーースマホを見たり他のルートで不倫の事実を掴んだ時に使いがちなカマかけのテクですが、不倫相手に浮かれている状態では心に響かないそう。「カマをかけられてるのかも」と気づかれやすいので、気をつけましょう。

「反省させたい」という自己満になってしまう

不倫をされた側が“カマをかけたい”という心理は、「自分が気づいていることを匂わせて、不倫をやめてほしい」「不倫を自白し、謝罪、反省をしてほしい」「浮気調査をして証拠を集めたいから、その前に確信がほしい」など、あるかと思いますが効果は低いです。不倫している側ののめり込み具合や、それまでの夫婦関係の良し悪しにもよりますが、不倫関係が1年以上経っているパートナーへのカマかけは向かないと思います。

ーー不倫されている人がカマをかけたくなる心理はさまざまですが、ほとんどの場合は期待している回答や行動にはならず、無意味もしくは関係を悪化させてしまう可能性が高いそう。不倫関係がすでに1年以上経っている場合は、カマかけ程度では揺るがないのかもしれません。

カマかけではなく、確固たる証拠を集めましょう

不倫 夫婦仲 探偵 かまかけ

カマかけだけで夫を反省させようとしても効果がないどころか夫婦関係に亀裂が入ることも。不安な気持ちだけでカマかけに走らず、きちんとした証拠集めをして問いただしたほうが良さそうです。


取材、文・三谷真美

Information

総合探偵社・株式会社MR
HPはコチラ


©macniak/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。