ガチで惚れてる証拠かも! 男性が「本命彼女」にだけやる夜の習慣4つ

文・和 — 2021.1.3
男女問わず、寝る前に好きな人を思い出すこともあるのでは? なかには、本命彼女だけに行う「毎晩欠かせないルーティーン」がある男性もいるようです。そこで今回は、男性たちの意見をもとに「本命彼女だけにやる夜の習慣」をご紹介します。

1、おやすみコール

「僕はLINEが苦手なので、好きな子には割と頻繁に電話をします。10分くらい話したあとに『おやすみ』と切ることが多いですね。

逆に好きではない子からの電話なら、基本出ません。しばらく経った後に、『ごめん寝てたわ』とテキトーに返します」(33歳/商社)

なにかと時間を取られやすい電話は、滅多にしないという人も多いのでは?

しかし、それでも彼があなたに電話をしてくれるのなら、それはあなたの声が聞きたいということでしょう。

2、寝る時間を削ってでもLINEする

「本当なら一刻も早く寝たいんですが、好きな子とのLINEでのやりとりは特別です。たとえ次の日の朝が早かったとしても、つい返信してしまいます。

全然苦痛ではありませんし、何ならその時間がすごく幸せです。逆に、やりとりしないと不安になりますね」(30歳/広告)

この男性は、「明日は朝が早いから寝るべき」と頭では分かっていても、好きな子とのLINEのやりとりは楽しすぎて止められないようです。

なかなか彼とのLINEのやりとりが終わらず、深夜まで続く場合は、脈アリな可能性が高いのかもしれません。

3、SNSにいいねやコメントをする

「もともとInstagramはあまり見ないんですが、気になっている子のストーリーだけはチェックします。もはや寝る前の習慣になっていますね」(27歳/営業)

「本命の女性の投稿には、すべて“いいね”をしています。コメントやリプも基本その女性にしかしません。彼女からも頻繁に“いいね”が来るので、『脈があるのかも』と思っています」(28歳/メーカー勤務)

Instagramのストーリーは24時間で消えてしまうので、好きな女性のものであれば何としてもチェックしておきたいのでしょう。また男性たちのなかには、「SNSをきっかけに本命の女性との距離が縮まれば……」と考えている人もいるようです。

彼があなたのSNSに頻繁にリアクションをしてくれるのであれば、それは“好意の表れ”と考えていいでしょう。

4、リモート飲みをする

「コロナをきっかけに、女友達とリモート飲みをするようになりました。なかなか外に出かけられないので何となくはじめたんですが、毎週話しているうちにその女友達のことが好きになっちゃって……。

今では彼女との週末のリモート飲みを楽しみに、仕事を頑張っています」(34歳/金融)

コロナ禍で直接会えないとしても、彼との関係を深める方法はあります。

特に、リモート飲みはその代表といえそうですね。

以上、「男性が『本命彼女』にだけやる夜の習慣」をご紹介しました。

基本的には好きになったらどんなに多忙でも、本命の女性のために時間を使う男性が多いようです。むしろ夜の場合は、本命の女性とやりとりをしたほうが、安心して眠れるという意見もありました。

一方で、口では「好きだよ」と言ってきても、全く連絡がつかない男性もいたとしたら、もしかしたら上辺だけの愛情表現なのかもしれませんね……。

©Luis Alvarez/gettyimages
©AleksandarNakic/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。