恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

大事な話がある…男が「告白を我慢できない時」のLINE3つ

文・塚田牧夫 — 2020.2.21
何度かデートをして距離が縮まってくれば、いよいよ告白ということになります。もしかしたら相手の男性は、早く気持ちを伝えたくてウズウズしているかも。女性としては、それを察しておきたいですよね。そこで、“告白を我慢できないときのLINE”というテーマで男性に話を聞きました。

「好きって言ったらどうする?」

shutterstock_663503227

「彼女と付き合う直前は、連絡を頻繁に取っていました。告白してもうまくいくだろう……とは思ってたんですね。

あるときLINEでやり取りしていて、勢いで“好きって言ったらどうする?”と聞いてしまいました。ちょっと間があって、“嬉しい……”と返事が。

これはもう、今言うしかないと思い、すぐに電話して思いを告げました」タカト(仮名)/27歳

成功するとは思っていても、多少の不安はあります。それを確実なものにするための質問です。ある程度自信があるからこそ聞けること。これを乗り越えたら、即告白でしょうね。

「次に会うとき大事な話がある」

shutterstock_1381192487

「好きな子がいて、あるときLINEをしていました。だいぶ親しくなっていたし、もう告白しなきゃと思っていたので、“次に会うとき大事な話がある”と送りました。

すると“今言えないこと?”と返信が。今言ってもいいけど……やっぱり直接言いたいじゃないですか。なので、言いたい気持ちをいったん抑えて、そう伝えました」トモハル(仮名)/29歳

「大事な話がある」と言われれば、内容はだいたい察しがつきますよね。もう、ほぼ告白みたいなものです。それで会ってくれたなら、確実にOKがもらえると思えるのでしょう。

「老後の面倒見るよ」

shutterstock_519773917

「仲良くしている子がいて、次に会ったとき告白しようと思っていた時期。会う約束をしてたけど、親の体調が悪いから延期して欲しいと連絡が届きました。

LINEでやり取りしていて、自分たちの老後の話になりました。そこで思わず、“俺が老後の面倒見るよ”と送ってしまって……。

その件について、返信がなく、不安になりました。が、後日なんとか付き合うことができました」ユウセイ(仮名)/29歳

付き合いたいと思っている相手に対しては、将来の話なんかもしたくなるもの。遠回しに、ずっと一緒にいたいという意思を伝えてるわけです。旅行の予定などを入れるのも、同じような意思表示と言えるでしょう。

“男が告白を我慢できないときのLINE”をご紹介しました。

この状態になれば、ちょっと背中を押せば男性は告白してくるでしょう。あとは、相手が告白しやすいようなシチュエーションを、用意してあげてください。

無題

美は競争ではない #NOCOMPETITION 参加しなくていい競争とは?-PR

©Olena Yakobchuk/shutterstock
©lzf/shutterstock
©Spectral-Design/shutterstock