もう離さないよ…! 遊び好き男が「本気になった」彼女の言動3つ

文・塚田牧夫 — 2020.1.26
ときに、遊び目当ての女として狙われることもあるでしょう。そして、その相手を本気で好きになってしまうことも……。かなり形勢は不利ですが、そこからの逆転もあるようです。今回は、“遊びじゃいけないと思った女子の言動”と題して、男性たちに話を聞いたのでご紹介します。

「慣れてるから平気」と寂しそうに

shutterstock_639795817

「彼女がいる身で、合コンに参加。仲良くなった子と、後日2人で会い、ホテルに誘ったんです。そうしたら、“彼女いるよね?”と言われました。

言葉に詰まっていたら、“こういうの慣れてるから平気”と寂しそうに言うので、なんかすごく同情してしまって……。この子は大事にしなきゃと思いました」マサ(仮名)/26歳

事情を知りながらも、相手を責めないところが健気ですよね。そんな純粋な姿に惹かれる男性は、間違いなく多いです。

「私で最後にするんだよ」と諭すように

shutterstock_750589693

「20代前半のころは、正直めちゃくちゃ遊んでました。あるとき、クラブで女性をナンパしたら、ちょっとお姉さんで、その人とそのままホテルに行きました。

で、終わって出たとき、“こういうことよくするの?”と聞かれて。“私で最後にするんだよ”と言われ、ドキッとしたんです。それを言われてから、こういう生活はもうやめようと思いました」カナタ(仮名)/30歳

責めるでもなく、諭すような言い方が胸に響いたのでしょう。大人の対応ですよね。冷静に伝えて、考えを改めるキッカケを作るというのは、気を引くいい方法かもしれません。

「遊びでもいい!」と真っ直ぐな目で

shutterstock_577684423

「俺のことが好きという女の子がいて、結構可愛かったんです。なので、手を出してしまったんですね。でも、付き合うつもりはありませんでした。

そんな感じで気持ちを伝えたら、“遊びでもいい!”と言われました。あまりにも真っ直ぐな目をして言われたので、心が揺れて……。そのあと、ちゃんと付き合うことにしました」コウタ(仮名)/26歳

遊びでもいいと思うぐらい、相手のことが好きだったんですね。強い意志には、相手の心を動かす力があります。真正面から気持ちをぶつけるのも、ひとつの方法と言えるでしょう。

“男に遊びじゃいけないと思わせた女子の言動”を紹介しました。

初めは遊びのつもりでも、本当に相手を好きになってしまうこともあるでしょう。そんなとき、どんな言葉が効果があるのか。見極めて、対応できるといいですね。

生理中こそ温活!…キモは生理用ショーツとオーガニックナプキン

©VGstockstudio/shutterstock
©xmee/shutterstock
©Akhenaton Images/shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。