恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

あの女にイラッ…! 誰でも簡単「イライラ&モヤモヤしない方法」

写真・ 角戸菜摘 文・三谷真美 — 2018.6.23
友だちが先に結婚したり、仕事がうまくいっていたり……「なんだか嫉妬しちゃうな」ってことありますよね。そんなとき「私って嫌な人間」と思ってネガティブになっていませんか? そんな誰にでもある「黒い感情」との上手な付き合い方について『ネガティブとの付き合い方』の著者であるワタナベ薫さんに教えてもらいました。

イライラやモヤモヤするお悩みとは?

誰にだって沸き起こるネガティブな感情の「イライラ」や「モヤモヤ」。そんな黒い感情に自己嫌悪している人のお悩みをもとに、ワタナベ薫さんの解決策を聞いてみましょう。

180612kt017

お悩み1.友だちがイケメンと結婚して嫉妬

「あまりかわいくない知り合いがイケメンと結婚したとき『この男性はきっと貧乏だ』とか『めっちゃ性格が悪いはず』って考えてしまい、自分の性格の悪さが嫌になりました。きっと私にイケメンの旦那がいたら嫉妬しなかったと思う……」(28歳・メーカー勤務)

ワタナベ薫さん アリだと思います! チクチク嫌みを言うわけでもなく、周りに言いふらすわけでもなく、感情のバランスをとっているので何の問題もありません。この質問を聞いて私は笑ってしまいましたし、おもしろいと思いましたよ。あなたは「こんなひどいこと他の人は思っていないはず。なのに私だけブラックな感情がある」と思い込んでいるだけで、嫉妬しているのはあなただけではないので大丈夫。他の人は口に出して言わないだけで、みんな黒い感情を持っているから気にしなくてOKです。心の中で想像して、スッキリするならそういうやり方もあるので思う存分浸るもありですが、その想像をした後は、自分を責めずに前向きに行けたらいいですね。

お悩み2.友だちの嫌みにうわべで答えて自己嫌悪

「子育てで忙しい友達に『いいよね、独身は自分のことしかしてなくて。帰って家のこととか子どものことをしなきゃいけないから、私は自分にかける時間がない』と言われたので『私は自分のことで精一杯で、あなたは母親だったり妻だったり、いろんな役割をしていてすごいですよね。私にはできないです』と心にもないベタ褒めで取り繕ったけど、これでいいのでしょうか?」(32歳・広告代理店)

ワタナベ薫さん 大人な対応でその場を取り繕っていくのもアリだし、私なら「自分で選んだんでしょ? 好きな人と結婚して子どもいるんだから幸せじゃん。私なんて1人だよ」って自虐を交えながら言いますね(笑)。その女性は、きっと相手が誰だろうと愚痴を言うタイプかもしれません。……めんどくさいので離れればいいと思います。と言いたいけど、どちらがいいかは自分で選びましょう。嫌なら離れてもいいし、お世辞が苦にならないならそのまま友だちでいたらいい。

ですが本当は怒っているのに笑っていませんか? 傷ついた時は「そんなこと言われて私は傷ついた」とか「そう言われて私はなんて言ったらいいの?」と自分の気持ちを素直に伝えるトレーニングをしてみてください。言いたいことは優しさの調味料を加えながら伝えましょう。冗談を交えながらも、相手に真実が言えれば、スッキリできるし、いつも優しく聞いていると愚痴のはけ口にされやすいので時間の無駄です。優しく取り繕うことで、ずっと言われてしまう環境を自ら作り上げてしまっていると思うのです。愚痴ばかり言われるのはあなたの対応に問題があるかもしれないですよ。

180612kt077

お悩み3.職場での嫌がらせにモヤモヤする

「職場の先輩に人格まで否定されるようなことを言われたり、やってもいないミスを言いふらされたりしています。『この人のせいで心が病みました。私はもう生きていけません』って遺書を書いたけど、実際死ぬわけもなく誰かに見せるわけでもなく、モヤモヤしたままです。このモヤモヤはどうしたらいいの?」(26歳・医療関係)

ワタナベ薫さん 書き出すだけではスッキリできなかったんですね。それでダメなら現実的な対処をしましょう。意地悪されていることを上司に伝えないのは、職場での関係を考えて気まずいと思ってしまうからですよね? でも実はすごくシンプルで「気まずい思いをしたくないから今のまま仕事を続けていきたい」か「気まずいけどきちんと上司に伝えて対処をし、改めてもらうなりやめるなり、ここで解決をしたいか」の二者択一なんです。遺書ごっこしている場合ではなく、社内のきちんと対応してくれる部署や上司に伝えましょう。

人生のほとんどが「やるかやらないか」「行くか行かないか」「やれば? やめれば?」の二者択一で決めることができるんです。だからこの場合は「相談するかしないか」を選びましょう。モヤモヤする気持ちにきちんと対処することが大切ですが、もしその体力や気力がないと言うならば「相談しないでモヤモヤしながら働き続ける」ことを自ら選択し「選んだのは自分だから仕方ない。あの先輩は放っておけばいいや」って思いましょう。二者択一で自分が選んだ結果なら、すんなり受け入れることができますよ。

お悩みを解決してくれたワタナベ先生ってどんな人?

美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面外面からキレイになる方法を、独自の目線で分析して配信しているメンタルコーチ。2006年から始めたブログで、1日3万人が訪問するカリスマ人気ブロガーになる。数多くの本を出版し、全国14か所をセミナーで回ったり、1000人規模の講演会を主催するなど幅広く活躍中。

180612kt060

ワタナベ薫さん 私、もともとはすごくネガティブだったんです。悲しいのに、傷ついているのに笑っていて……長い時間悩んでしまう性格だったので、すごく辛いし疲れていました。ですが、心理学とコーチングに出会ってから、すごくシンプルに生きられることがわかったんです。

ネガティブな感情は大切だけど「自責」か「他責」かによって全く違うんです。「あの人がこんなことを言ったから」「親がこう育てたから」と人に何かをされたから……って思うのが他責で、誰かに言われた(された)ことで「私がこう思った」「私がこう感じてしまった」など、自責に変換することですごく楽になります。人のせいにして生きていると楽に見えるけど、実は逆。だって相手のせいにしていると謝らせたいとか後悔させたいとか、自己解決ができないんですもの。自分を軸に自責で生きることが大切です。

あとは自分の感情を伝えること。モヤモヤしているのに相手に言えないって思い込んでいるだけで「そんなこと言われてショック」とか伝えればいいだけ。言うだけでスッキリしますし、相手には伝えないとわかってもらえませんから。冗談っぽくでもいいいから「傷ついた」ってことを伝えることで相手もビックリするんですよ。そのままの言葉で伝えたら喧嘩になるかもしれないから「あなたは何でこんなことを言うの?」ではなく「私はそんな風に言われてこう思った」と伝えてくださいね。

ストレートに言い過ぎると日本人は傷つきやすいので、最初に枕詞をつけて「傷つけるつもりじゃないんだけど」「悪い意味じゃないんだけど」「申し訳ないんだけど」から話し始めて本音を伝え「ありがとう」「感謝してる」などで締めくくりましょう。私は自虐で「私が至らなかったかもしれないんですけど」「私の捉え方の違いかもしれないんですけど」「私がガサツだから」などを付け加えることもあります。言いたい本音は優しさでサンドイッチしてオブラートに包めば伝わりますよ。

人によっては嫌味に感じるかもしれないけど、そんな人とは付き合わなくていい(笑)。変な鎧をつけていると嫌な人が寄ってきちゃうから。気持ちを素直に伝えると自分を嫌な人は離れていってくれるので、生きやすくなりますよ。仕事はまた別かもしれないけど、基本的に取り繕った自分を好きになってもらっても意味がないので。

伝えるときはすぐにその場で言うのも大切。影で言うよりも直接言ったほうがいい。やってみると好転するからどんどん素直に伝えられるようになりますよ。素で生きたほうが人間関係はうまくいきます。

Information

Print

生きるのがラクになるネガティブとの付き合い方/マガジンハウス
著者 ワタナベ薫
1,300円+税

https://magazineworld.jp/books/paper/3003/


#アラサー女性の本音 記事をもっと読む。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

汚ねぇなぁ…男が萎える「プツプツ毛穴」の対策