恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

楽しい女子旅と結婚! 幸せのためにどちらか1つ選ぶなら…。

2015.8.1 — Page 1/4
羽を伸ばしに海外旅行に行くなら、気の合う女友達? それとも彼氏? そりゃあ、彼氏でしょう…などといっているうちは、まだまだ甘い? 働くアラサー女子が直面する恋と友情の板挟み問題とは…。

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。

羽を伸ばしに海外旅行に行くなら、気の合う女友達? それとも彼氏? そりゃあ、彼氏でしょう…などといっているうちは、まだまだ甘い? 働くアラサー女子が直面する恋と友情の板挟み問題とは…。


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.2

 旅行は彼氏となんかより断然女と行くに限る!!
 ショッピングを1日中楽しみ、同じ体力レベルでへばる。エステもマッサージも高いテンションで望める往年の女友達よ。当たり前のあなたの存在が、こんなに愛しいなんて。私はこのバンコク旅行でそれを痛感した。
 そもそもタイへ旅することになったのは、日々続く残業残業残業で、心がくたびれたための逃避行。物価が安くて食事も美味しく、マッサージにエステ三昧を計画したらタイになった。
 いきタイ! やりタイ! はじけタイ! と2人の娘(?)が無計画で降り立ったタイがどんな国かというと、大雑把な私には天国そのもの! 自己責任という言葉の元に、値段交渉から行列のならびまで、なにもかもが適当で、計算ミスもぼったくりも、突っ込んだらニッコリ笑ってシラを切る始末。友人は初日「もう気が抜けない…」と弱音を吐いていたのだが、こちらも厚かましい外人のフリで応戦し、困ったら「コップンカー」とタイ語でありがとうを連呼すれば大体切り抜けられると2日目の夜には豪語していた。

タイで一番感動したのは、激安のアレ!

 タイと言えば物価が日本の10分の1~5分の1。あれもこれも安すぎて感動する中、最も思い出深かったのがマッサージだ。タイのマッサージ店は日本のコンビニに匹敵する数で乱立し、値段は足裏マッサージで1時間なんと日本円で600円!! 安すぎて通いつめたあるマッサージ店で、私は18歳の青年ディウに出会った。
 彼のいる店は、1回来店しただけなのに、次の日店の前を通ると必ず「今日は何時にくるの~?」と女店主が声をかけてくれる商売っ気の強いお店だ。しかも女店主以外は全員ティーンボーイという、一見いかがわしいメニューを疑うような雰囲気。そんなお店で私の担当になったのがディウくん(担当といっても、別に指名したわけではなく、女店主が勝手に毎回付けてくれちゃったのだ。女のツボを分かってるね)。
 ティーンボーイの中でも年長者の彼は、毎晩夜中に訪れるヨレた服にスッピンの私を見ても、微笑みの国を象徴するニッコリ笑顔で、「キレイですね〜、コッテますね〜」とカタコトの英語で愛想を振りまいてくれる。
 絶対にサービス延長はしてくれないけど、ときどき携帯をイジりながら接客しやがるけど、マッサージの手はなかなかの真面目な彼は、私の日本で疲れた心までグイグイほぐしてくれた。

【次のページ】男を買う?