恋愛世代のリアルを発信。

ダイエットが続かない人必見! プロが教える、この夏スリムなカラダを手に入れる3つのコツ。

2014.7.17 — Page 1/5
夏のダイエット。ほっそりした二の腕や美脚を手に入れるには我慢するダイエットはもう古い?! アサヒフードアンドヘルスケアの池井さん、パーソナルボディトレーナーの岡部友さんを講師に向かえ、anan総研メンバーが正しいダイエットの知識と必ず効果の出るエクササイズを教えてもらいました!

【全員美女化計画】特別編 文・中村朝紗子 写真・内田紘倫

まもなく夏本番! プールやビアガーデンなど、楽しいイベントがもりだくさんの季節がやってきました。暑くなるにつれ、ボディラインが強調される洋服や、肌を見せる機会も増えてきます。
65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s

自信を持って夏服、着ることができますか…?

anan総研に聞いたアンケートによると、「いま、ダイエットをしている」と答えた人はご覧の通り。

グラフ

6割以上の女子がダイエットに励んでいる様子。でも、その様子をくわしく聞いてみると、過度な食事制限に挫折したり、体重が減ってもすぐに戻ってしまったり…とお悩みはたくさんあるよう。

そこで今回は、ダイエットに奮闘中のanan総研の20人を緊急召集! アンケートで集まったダイエットの3大悩みを解決すべく、タレントやオリンピック選手など多くの女性のボディメイクをサポートしている女性専用パーソナルトレーナー岡部友さんと、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社「スリムアップスリム」商品担当の池井麻子さんをお招きし、忙しい女子でもスリムなカラダを手に入れるダイエットのコツについてお聞きしました。

それでは、【anan総研ダイエットお悩み相談室】開始! まずひとつ目の相談は?

「ダイエットは順調だけど、お肌が荒れたり、イライラして疲れやすくなった気がします」

「カロリーオフのダイエットを始めました。最初の1〜2キロは順調に減ったのに、日が経つに連れて落ち込みやすくなったり、だるさを感じるようになって困っています。これは、ダイエットの影響でしょうか?」(24歳・営業)

キレイになるためにやっているはずなのに、これでは本末転倒! 岡部先生(以下:岡部)、池井さん(以下:池井)、健康的に痩せるには一体どうしたらいいんですか?!

_DSC0558

岡部「これは、ストイックなダイエッターが陥りがちなことですね。過度なカロリーコントロールをしたり食事を抜いたりして栄養バランスをおろそかにしていると、ダイエットは続きません」

池井「一時期、○○抜きダイエットなども流行りましたよね」

岡部「そう。忙しい女性にとって、食事を抜いたり一品だけで済ませてしまうのは簡単です。でも、カロリーと栄養を混同して考えるのは危険なんです」

岡部栄養の吸収は段階式になっています。一番優先して栄養が運ばれるのは心臓や骨など生命維持に欠かせないところで、一番最後に栄養が届けられるのが肌や髪。機能しなくても命に別状はないところには栄養が届きにくいのです。つまり、基礎の栄養が満たされていないと肌や髪に栄養が行き渡らず、ボロボロになってきてしまうんです」

池井「それは怖い。でも仕事で忙しい毎日だから、低カロリーで栄養価の高い”ダイエット食”をつくるのはしんどい…というのが女子のホンネなんでしょうね」

諦めるのはまだ早い! 岡部先生もオススメの”忙しい人におすすめのダイエットアイテム”とは?