恋愛世代のリアルを発信。

1000万個の星の下でウイスキーを味わう“プラネタリウム ブラック バー”で、平山浩行さんに会っちゃいました♡

2014.6.4 — Page 1/4
【TOKYO今ココ総研】vol.17 文・浦本真梨子 「今ココがアツい!」と話題の東京スポットをアンアン総研メンバーが訪れる【TOKYO今ココ総研】。今回は総研メンバーか...

【TOKYO今ココ総研】vol.17  文・浦本真梨子

「今ココがアツい!」と話題の東京スポットをアンアン総研メンバーが訪れる【TOKYO今ココ総研】。今回は総研メンバーから大西真由さん(no.185)と市村真由実さん(no.70)が、5月21日〜5月25日の期間限定で表参道スパイラルホールにて展開された、“世界No.1※スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」presents プラネタリウム ブラック バー”に潜入取材してきました!

プラネタリウム ブラック バーとは??

“都会、星空、ジョニーウォーカー”
世界的なプラネタリウム・クリエーターである大平貴之氏の協力のもと、5日間限定の特別なBARが表参道に出現。暗闇(ブラック)の中、周りの情報をシャットアウトすることで、味覚や嗅覚をいった感覚を研ぎすまし、ジョニーウォーカーブラックラベル12年の持つ様々な香りに気付き、出会う、5日間限定で開かれた特別なBAR。

「真っ暗闇の空間、大平さん監修のプラネタリウムを眺めながらウイスキーってどんな感じだろう。今から楽しみ♩」と、ワクワクがとまらないお二人。左が大西さん、右が市村さん。
プラ1

会場入り口にはジョニーウォーカーのラベルにも登場するブランドマーク「闊歩する英国紳士 ストライディングマン」が身につけているハットとジャケット。市村さん、大西さんも英国紳士になりきってパチリ。

プラネタリウム

「WHERE FLAVOUR IS KING〜ようこそ、香りの王国へ。〜」と書かれた、ジョニーウォーカーの特徴である多彩な原酒から生み出されるフレーバーに見立てられたキャラクターが一同に介したアーティスティックなパネルと記念撮影して、いざプラネタリウム ブラック バーへ!!!

暗闇と1000万個の星の世界に感動☆

※IMPACT DATABANK2012に基づく販売数量