恋愛世代のリアルを発信。

もっと稼げる!…女性約200人に聞いた「良かった副業、失敗した副業」

文・harako — 2020.5.3
本業とは別にお金を稼ぐ方法を得ることで、万が一のリスクを回避できるかも!? そこで今回は、20~30代女性から成るanan総研メンバー約200名に、今までの副業経験や考え方について教えてもらいました。

【アンアン総研リサーチ】

お金を稼ぐ力を身に付けたい

副業について、質問してみたところ……。

Q. 副業で収入を得たことはありますか?

・はい 76%
・いいえ 24%

Q. 副業をやる理由はなんですか?

第1位 お金を稼ぐため 31%
第2位 趣味を仕事にするため 25%
第3位 SNSやブログを活用するため 16%
第4位 気分転換のため、その他 同率 13%
第5位 時間を有効に使うため 2%

※その他のコメントには、「複数から収入があると安心する。いま自粛生活になって、さらにありがたく思えた」(29歳・自営業)、「仕事が好きだし、世界も広がる」(31歳・会社員)などがありました。

本業とは別に収入源を持っている女性が76%。お金を稼ぐことに対して、とても意識が高いのがわかります。また、お金を稼ぐためだけではなく、自分の趣味や好きなこと、発信ツール(ブログやSNS)を仕事に転換する計画をしているのでしょうか。

副収入を得る方法5つ

具体的な副業の種類は、こちら!

1. インフルエンサー

「Instagramやブログで商品PRをしてお金をいただいている」(34歳・専門職)
「SNSで自分がPRや撮影に行くだけでなく、仲介として手数料を得ている」(32歳・専門職)
「ブロガー活動」(31歳・会社員)

2. 〇〇モデル

「雑誌の読者モデルや広告モデル」(32歳・会社員)
「撮影(ブライダルやサロンや雑誌)」(25歳・会社員)
「読モやサロンモデルの仕事」(34歳・主婦)

3. モノを販売

「ハンドメイドピアスを販売」(31歳・会社員)
「フリマアプリで本やCDや洋服を売ってる」(34歳・会社員)
「ハンドメイドシルバージュエリーショップをオープンしている」(29歳・自営業)

4. 知識を広める

「非常勤講師として時々授業に行っている」(34歳・専門職)
「ハンドメイドの先生」(28歳・会社員)
「サッカーのイベントで登壇」(34歳・会社員)

5. 掛け持ちバイト

「医療関係の事務と掛け持ちしていた」(35歳・専門職)
「報告書作成」(25歳・会社員)
「飲食店でのバイト」(30歳・派遣社員)

今は、影響力がお金に代わる時代です。ブログやSNSを継続している方は、そこからの副収入が得られるかもしれません。また、アラサー世代になると経験値も増えるので、講師業に挑戦してみるのも良いですね。

うまくいかなかった原因は3つ

失敗から学ぶこともあるはず……。

1. 体力が必要

「キャバクラは心身ともにしんどかった。向き不向きがあるが、副業でキャバクラで働きたいと相談を受けたら、正直に『しんどいよ』とアドバイスする」(31歳・自営業)
「昔、ホテルのクロークの仕事を募集していたので応募して働き始めたが、宴会の仕事で、かなりの労働」(35歳・自由業)
「バーでのバイト。帰宅が3、4時と遅く、次の日6時起き……自律神経がおかしくなった」(30歳・その他)

2. 手間の割に稼げない

「アプリで服を売る。大した収入にもつながらず、面倒だった」(31歳・会社員)
「時給の高いパーティなどのコンパニオンの仕事に登録したら、ドレスや靴、髪のセットなどを自分でしなければならず、その準備のお金と時間を考えたら全然意味がなかった」(35歳・その他)
「韓国から子ども服を輸入して売ろうとしたが、全然売れず赤字だった」(29歳・会社員)

3. 不確定要素が多い

「積み立てNISAをしていたが、新型コロナウイルスの影響でガタ落ち。失敗した」(35歳・自由業)
「FX」(34歳・専門職)

その他の意見には…

「インスタ投稿の仕事。おすすめしたくないものを無理やりすすめるような投稿は、いくらお金をもらってもあまりしたくないなと実感」(28歳・契約社員)

何がうまくいくのかはやってみなければわかりませんが、年齢を重ねるにつれて間違いなく体力は減るいっぽうです。時給仕事や不確定要素が多い仕事より、知識やアイディアを活用したほうがうまくいくのかもしれません。

これからやってみたい副業3つ

anan総研メンバーが気になっているのは……。

1. 知名度や影響力で仕事

「InstagramでPR案件をいただくことが増えてきたので、さらに発信力をつけていきたいと思っている」(23歳・大学生)
「子猫を飼ったので、ペット関連のグッズを売ってみたい! Instagramでもフォロワーが増えてきたし、tiktokでは、1投稿で3万VIEWを超えたので、この子が有名になるのを待っている(笑)」(29歳・自営業)
「知識を活かした記事や本、メディア出演などができる人になりたい」(34歳・専門職)

2. 在宅でコツコツ仕事

「データ入力などの在宅事務作業」(25歳・その他)
「ハンドメイド作家」(32歳・会社員)
「Webの記事を書くなど、在宅で空き時間にできる副業」(25歳・会社員)
「在宅ワークしてみたい。家で隙間時間にできる副業が何かあればやりたいなぁ」(27歳・会社員)

3. インターネットで仕事

「ECショップを立ち上げたい」(28歳・派遣社員)
「Webディレクターとして、ホームページをディレクションしたい」(25歳・会社員)
「Webデザイナーのお勉強を始める予定」(31歳・会社員)

他にはこんな意見も…

「ナレーションなどの声優がしたい」(28歳・契約社員)
「サロンモデルをやってみたい。外見を整えてもらって、写真を撮ってもらって報酬がもらえるのは嬉しい。報酬はお小遣い程度のようですが、それでもやってみたい」(30歳・自営業)
「ブリーダーをしてみたい」(33歳・会社員)

お金を稼ぐことに対して、楽しみながら選択肢を増やしているのがわかります。「お金を稼がなきゃ…」と義務感にかられるのではなく、趣味や好きなことを本格的にビジネス化するのが多いようです。

いろいろな可能性にチャレンジしよう!

ひとつのことを極めるのも良いですが、多方向にリスク分散しておくことで身を守れるかもしれません。ぜひ、趣味や好きなこと、発信ツールなどを活用して、副収入をGETしましょう。


©sureeporn/Gettyimages
©andresr/Gettyimages
©marchmeena29/Gettyimages
©bernardbodo/Gettyimages