恋愛世代のリアルを発信。

【ドキドキなのは私だけ?】新しい環境でなじめないときの対処法4つ

文・Yoshimi — 2017.3.29
新年度が始まるこの季節。新しい人と出会ったり、新しい職場や場所でがんばる! という人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、そんな新しい環境になじめるかどうか。新天地では孤独を感じやすいもの。器用ですぐに新しい場になじめる人はいいですが、なかなかなじめなくて孤独を感じちゃってる人も実はけっこういるんです。そこで、今回はそんな新しい人間関係や環境で悩んでいる人に向けて、先輩たちからのアドバイスをお送りします!

【アンアン総研リサーチ】vol. 237

自分だけ? 新生活で孤独を感じたらどうすればいいの!

日本人はひとり行動が苦手な人種といわれますが、新しい場や人たちと過ごすことになるこの時期は、人間関係の転換期でもありますよね。そんなときに感じてしまいがちな不安を解決するにはどんな方法が有効なの? 慣れない環境で上手に生き延びている先輩女子に、なじめないときの上手な対処法を聞いてみました。

「いきなりなじめないのが普通」と自分を責めない

「新卒のとき、イケイケの人が多い会社に入社したのですが、当時田舎から出てきて地味を絵に描いたような私は友達もほとんどできず、ランチもひとり。自分はこの会社で浮いているし、合ってないのかなと自分を責めて、半年ほどは辞めることばかり考えてました。でも、仕事をするうえでいろいろな人と話さなくてはならなくなり、一年後、気づけば職場の仲間と土日も遊ぶ仲になっていました。最初なじめないと悩んでいたけれど、よく考えればいきなりなじめるなんてみんな無理で、きっとみんな仲間がほしくて不安なんですよね」(30歳・事務)

「新しい場って最初はみんな不安です。なじめない自分を責めても意味なし。自分らしくいればきっと大丈夫ですよ〜」(29歳・その他)

急に新しいところにいくと、その場になじめない自分を責めたりしがちですが、よく考えれば新しい場所にはなじめなくて当然。逆に、場慣れしている人は、ただひとりでいるのが嫌で無理をしているだけかもしれません。早くなじみたいと不安になってしまいますが、これからは新しいところでもっと大変なこともあるはず。そんな自分も全部受け入れて、「最初はそれで当たり前」と、ひとりでもどんとかまえられる精神力を身につけましょう。

ムリに合わせようとしない

「中途採用で女子7人が同時に入社したとき研修が1か月あったのですが、みんなそのほかの女の子は仲良くなったのに自分だけなじめず本気で悩んでました。でも、今思えばみんなただひとりになるのが嫌で、なんとなくリーダーっぽい子にすり寄っていただけみたい。最初はなじめないのが普通なので、たとえひとりになっても気にせず自分らしくいれば、気の合う人がきっと現れると思いますよ」(27歳・営業)

「昔、新しい部署でなじめないからって、周りに無理に合わせようとして、逆にどんどん浮いてしまったことがあります。自分は自分でしかいられないんだから、なじめなくてもひとりを楽しむ気持ちでいるべき。そっちのほうが魅力的な人間になると思います」(31歳・会社員)

新しい職場や環境で無理にどこかのグループに入ろうとすると、普段の自分じゃない自分を作って疲れてしまう、さらに、逆にどんどん空回りして距離を感じた、なんて経験ありませんか? 無理をして本当は気の合わない人といても、いつかは歯車が合わなくなってしまいます。それよりも、自分らしくいることができれば、そんなあなたの素の魅力に惹かれる人がまわりにかならず集まってくるはず! 最初は孤独を感じても、自分に自信を持って、自分らしくいることを心がけたほうが、長い目で見てきっと良い結果になるはずですよ。

会社は仕事をするところ、と割り切る

「私は、ひとりでいるタイプで特に女子のグループに混じるのが苦手です。昔はそんな自分が人と違うことを真剣に悩んでいたけれど、考え方を変えて、会社はそもそも仕事をするところ! 女子の噂話をするところではない! と考えるようになってから、成績も上がって無駄な気苦労をしなくなりました」(25歳・営業)

「人と仲良くするのは大切だけど、会社にいる一番の目的はお金をもらっているお返しにしっかり仕事をするところ。最近その認識が低い若者が多い。人のうわさをするだけのランチグループなら、入らない子のほうが賢い!」(31歳・金融)

特に女性は、学校を卒業して社会人になっても、会社でグループや派閥をつくりがち。しかし、会社の本質は働くことですよね。無理に噂ばかりする女子グループに入っているより、ひとりで黙々と仕事をすることを選ぶのも、選択肢としては確かに正しいのかも。でも、仕事をするうえで社内政治もけっこう大事だったりするので、「バランス良く」を心がけたいですね。

人に関心をもつ

「最初は、特に気をつけていろいろな人に話しかけたり、その人のバックグラウンドを聞くことを心がけています」(26歳・その他)

最初はみんな誰かと仲良くなれるか不安なはず。そんなときに、自分に興味を持って積極的に話しかけてくれる人は、きっと好印象になって相手との距離もぐっと近づくはず。お互いバックグラウンドを知らない最初は会話も滞りがちなので、「相手に関心を持つこと」を意識して質問から話を広めていくと、会話もスムーズに流れて、自然に仲良くなれちゃうかもしれません。

新生活はストレスも溜まるけれど、きっと得るものも多いはず!

新しい場所や人と出会うと、気を使ったりとストレスが溜まってしまいますが、それは自分が大きく成長するための貴重な体験でもあります。最初からなんでもうまくいくと思わず、なかなか思い通りにいかないことがあっても、常に自分に自信を持って過ごすことができればきっとその環境でもうまくいく自分になれるはず。新しい生活や場所で不安になる人も多いと思いますが、「きっとうまくいく!」と信じてかんばりましょう!

【イマドキ女子の結婚観リサーチ記事♪】

結婚後にアレをしている人は6%! イマドキ女子のリアル結婚事情 1
既婚女性に聞く「結婚ってなに?」 イマドキ女子のリアル結婚事情 2
3人に1人が結婚したくない!? その理由。イマドキ女子のリアル結婚事情 3