【女優気分で演じる!】お酒を飲んでいるときに男を口説きモードにさせる一言。

文・山田太郎 — 2015.10.22 — Page 1/2
男性は女性と2人きりでお酒を飲むとき、「口説こうかな?」という選択肢が頭をよぎるもの。大人になると、照れもあり、お酒なしには口説くスイッチが入りません。気になる男性とのお酒の飲み方で恋愛のチャンスをつかめるかどうか決まる! 今回は、お酒を飲んでいるとき、彼を口説きモードにさせる一言をご紹介。

【みんなの恋テク】vol.81 

男性は女性と2人きりでお酒を飲むとき、必ず「口説こうかな?」という選択肢が頭をよぎります。大人になると照れてしまうので、お酒なしには口説くスイッチがなかなか入りません。気になる男性とのお酒の飲み方で恋愛のチャンスをつかめるかどうか決まります。

今回は、お酒を飲んでいるとき、彼を口説きモードにさせる一言をご紹介したいと思います。

 

キラー台詞1
「今日は飲みたい気分かも…」

「女の子に『今日は飲んじゃおっかな』とか言われるとドキっとするよね。口説いてくれってサインかもとか思っちゃう。だから一個ギアあげてトークしないとなって気合いが入るよね」(28歳・証券)

お店に入ってメニューを見ながら「今日は飲みたい気分かも」なんて言われたら意識しない男性はいません。序盤から口説きモードに突入させるためのフレーズです。男性はテンションが上がります。

 

キラー台詞2
「フラフラしてきちゃったかも」

「女の子が酔ってきたっぽい発言をすると、口説けそうだなって思っちゃうよね。『顔あついよ〜』とかパタパタしてるのとか、かわいくて触りたくなる」(27歳・貿易)

意中の彼の前では、お酒はかわいく飲みましょう。そのかわいさとは、適度に酔っ払ってふわふわすることです。お互いふわふわ酔っ払ってる雰囲気を出せないと、恥ずかしくて口説けない男性は多いからです。なので、「顔、赤くなってない?」「ちょっと楽しくなってきちゃったかも」などの“酔ってきた”アピールは必須です。

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。