恋愛世代のリアルを発信。

TDLに置き去り!…ガチであった「人生史上最低なデート」8選

文・三谷真美 — 2019.9.14
好きな人や気になる男性とのデートは、すごく楽しみなもの。それなのに無残な結果に終わってしまうこともある模様。そこで、Instagram「@anan_web」のストーリーで「今までで一番最悪なデート」についてリサーチしてみました。

最悪なデートとは?

2番目の女

「毎回、本命彼女との前日にリハデートをしていました。私も最悪だけど、浮気相手の女(つまり私)と行ったデートコースを楽しむ彼女もかわいそうですよね」
「クリスマスの日、元彼が『23時から居酒屋のバイト』と言うので、その時間に別れたんです。しかしその後、二股をしていた彼女に会いに行っていたことが発覚。私は日帰りデート、もう1人の彼女はお泊まりデートだったみたいです……」
「明らかに別の女性が乗った形跡のある助手席に座って、ドライブデートをしました」

2番目とわかっていながらも好きな気持ちが止まらない女性もいれば、二股とは気づかずに信じていた女性も……浮気や不倫がなくなることはないのでしょう。

いったい、彼に何が?

「リサイクルショップに連れていかれ『ここがオシャレな場所』と何軒もハシゴさせられました。買うわけでもなく、何がしたかったのか不明です」
「SNSで知り合った男性と、映画の時間に合わせて待ち合わせしていた時、近くまで来たのに逃げられました。いくら嫌でもその場まで来てドタキャンはないでしょ……」
「彼氏が突然『帰る』と言い出し、東京ディズニーランドに置いていかれました」

デートを楽しみにしていたのに、意味不明なデートコースだったり、ドタキャンされたり、途中で置いていかれたり……みなさん、いろいろなデート経験をしているようです。

自己中

「職場の先輩に『次のプロジェクトで相談がある』と休日に呼び出されたのに、2時間遅刻してきて謝りもせず、喫茶店で自分の武勇伝を何時間も語りまくり。挙句の果てに『俺たち相性いいよね』と勘違い発言をしておきながら、『え、俺がコーヒー代払うの?』と、自分のぶんだけ払って一目散に帰宅。翌日から、その先輩とは会わないように、一緒の仕事にならないように、根回ししまくりました」

「高校生の時、『連れていきたい場所がある』と言われ、私の自転車で出かけました。40分後、病院の前で停まり『ちょっと待ってて!』と中へ入って、すぐに出てきた彼。『何してたの?』と聞くと『検便を出してきた』と言うのです……その後どこへ行くでもなく『今日はありがとう』と、彼は近くの駅から電車で帰りました。その後、私は1人で家まで30分以上もかけて自転車で帰宅……意味のわからない行動をされて急激に嫌いになり、すぐに別れました」

職場の先輩とは結局、仕事の話はしなかったそう。デートに誘うなら、遅刻しない、相手を思いやるなど、最低限のマナーを守ってほしいですね。

世の中にはいろいろな男性がいる

素敵な男性もいれば、自分のことしか考えられない男性も。デートを楽しみにしていた分、理想とかけ離れたデートは最悪な思い出となってしまうのでしょう。

馬場ふみか「瞬時にくびれを作る裏ワザは…」美ボディの秘密


©Zave Smith/Gettyimages
©VioletaStoimenova/Gettyimages