ストレッチを習慣に! モデル林田岬優「頑張りすぎないのが続く理由」

2021.3.8
1年半前からはじめた“大人バレエ”、そして筋肉質にならないように体をほぐすストレッチに夢中だというモデルの林田岬優さん。そんな林田さんに“ストレッチを習慣化する9つのヒント”を伺いました!

ストレッチを習慣化する9つのヒント。

hayashida

Q1. 林田さんにとってストレッチとは?

体を伸ばすことでそれぞれのパーツがしなやかに動くことを感じられるので、体のためにやってあげるという感覚が心地いい。だから追い込んでストレスを与えたり、痛みを感じるようなストレッチはしません。

Q2. 継続させるための工夫は?

疲れていたらストレッチをサボっちゃうことも。フルでやらなくてもベッドの上で体を伸ばして終わる日もあって、頑張りすぎないのが続く理由かな。ちなみにバレエは、難しい課題をクリアするのが楽しくて通っています。

Q3. 理想の体は?

ただ筋肉を鍛えただけの体は硬くなりがちだし、筋張ったりゴツく見えてしまう。筋肉をある程度つけたらストレッチによってほぐして、やわらかさとしなやかさを携えた体を作るのが理想です。

Q4. 日々のストレッチの内容は?

おもにオーバーボールを使ったインナーマッスルのストレッチがメイン。ほかにもチューブなどのアイテムを持ち歩き、家だけではなく撮影の合間などにも。ストレッチは積み重ねが大事。隙間時間を有効に使っています。

Q5. 時間がないとき優先するのは?

私は気を抜くと背中が丸まっていたり、猫背になりがちなんです。モデルとして常に美しい姿勢をキープすることが最優先なので、オーバーボールで骨盤を立てて正しい姿勢を作りやすく整えます。

2240 hayashida2-2

Q6. ストレッチするタイミングは?

基本的には夜、お風呂上がりに30分。体があたたまっているうちにストレッチをするとほぐれやすいから、効率もいいんです。体のストレスが取れると、寝つきもよくなってぐっすり眠れます。

Q7. 変わったと実感する体のパーツは?

バレエをはじめてからさらに背中に筋肉がついたのですが、それをストレッチによってほぐしていたら「背中がきれいだね」と褒められることが増えました。春夏は背中が開いた服を着るのが楽しみです。

Q8. 今一番ストレッチしたいパーツは?

猫背にならないために肩甲骨をほぐし、骨盤を立てて背骨をまっすぐにキープするストレッチは常にしておきたいですね。1週間サボるだけでも体が変わってしまうので、毎日コツコツと続けることが大事だと思っています。

Q9. 参考にしているものは?

バレエの先生。ピラティスの指導もされる方で、インナーマッスルのストレッチも教えていただいています。先生の曲線を保つ筋肉と、美しいボディラインはまさに憧れ。レッスンに通うたびにモチベーションが上がります。

はやしだ・みゆ 1993年11月23日生まれ、愛知県出身。女性ファッション誌を中心にモデルとして活躍する傍ら、ドラマや映画にも出演し、舞台『宵待草』では主演を務めるなど女優としても活動中。

ブラトップ¥7,920 レギンス¥8,910*共に税込み(共にemmi yoga/エミ ニュウマン新宿店 TEL:03・6380・1018) ヨガマット 参考商品

※『anan』2021年3月10日号より。写真・魵澤和之(まきうらオフィス) スタイリスト・青木千加子  ヘア&メイク・萩村千紗子 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。