アンアンからニュースを配信します!

クラフトの波がアイスにも! 東京・自由が丘の新店に注目

2019.7.2
スイーツライターのchicoさんがおすすめスイーツを紹介する「お菓子な宝物」。今回は『HiO ICE CREAM(ヒオアイスクリーム) Atelier 自由が丘』のクラフトアイスです。
FOOD

コーヒー、チョコレート、ビールに続き、クラフトの波がついにアイスクリームにも! ……って、クラフトアイスって一体どんなの? 「シンプルに、けれど手間をかけて、素材そのものの良さを最大限引き出すモノ作り」というのはこれまでのムーブメント同様。「なんでも便利になった今、あえて非効率なスモールバッチ(少量生産)で原点に戻る。そんなムダに見えるところに面白さや発見があるんです」と『HiO ICE CREAM』代表の西尾修平さんは言う。

少量ずつ作るからたくさんは手に入らない希少な食材も使えるし、食材に合わせてその良さを引き出せる。さらにはその日の気温や湿度を考えて甘さや硬さを調整してと、柔軟においしさを追えるのがクラフトの強みだ。食材は全国に足を運んで見つけてきた。牛乳は40か所以上の牧場を巡ってようやく出会った、北海道は美瑛のもの。時間をかけて低温殺菌でアイスにしていくことで、濃厚なのに爽やかな牛乳の旨味をぎゅっと濃縮してみせた。「これがないと始まらない、お出汁みたいなもの」というこのミルクアイスが、全てのアイスのベースになる。どのフレーバーも素材の味がガツンと濃いのに後味すっきり。氷点下に閉じ込めていた大地の恵みが溢れ出すよう!

空気をたっぷり含ませられる最新のアイスクリームマシンを使って、舌にふんわり溶ける口どけに。右手前から時計回りに、「美瑛シングルオリジンミルク」、アロマ生チョコの『ca ca o』と共同開発したコロンビアカカオ香る「アロマチョコレート」、生クリームを使わず牛乳の濃さをストレートに楽しむ「十勝シングルオリジンジャージーミルク」、甘酸っぱさにほのかな苦味がたまらない「レモン(シルキーシャーベット)」各¥450。

HiO ICE CREAM Atelier 自由が丘 東京都世田谷区奥沢7‐4‐12 TEL:03・6432・1950 11:00~18:00 月・火曜休(祝日は営業)

チコ スイーツライター。大人気のガイド本『東京の本当においしいスイーツ探し』(ギャップ・ジャパン)シリーズ監修。

※『anan』2019年7月3日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 取材、文・chico

(by anan編集部)


男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法