アンアンからニュースを配信します!

オーガニックの魅力…肌はもちろん地球環境にも優しい!?

2019.3.11
チャリティや社会貢献って、なんとなく小難しく捉えてしまいがち。でも、普段のショッピングのときに少し意識を変えるだけで、生産者の生活や活動を支援したり、環境にやさしい社会の循環をサポートすることができるのです。

「社会貢献や環境保全など、購入することで誰かを支援することにつながる製品は、ここ数年でより身近になってきています」と、環境ジャーナリストの中野博さん。

しかも見た目も機能性も優れたものが増えているから、私たちの生活にも取り入れやすいのだそう。そこで、かわいくて誰かへのやさしさにもつながるアイテムを厳選。ものづくりの背景を知れば、さらに愛着も湧いてくるはずです。

「これらの雑貨や食料品などは、大きな視点で見れば私たちの毎日の何気ない営みに連動しているものばかり。そういったアイテムを購入したり、使ったり、広めたりすることは、ささやかですが確実に誰かのためになっています。そう考えることで、いま世界で起きているさまざまな問題が少しだけ身近に感じられるようになるのではないかと思います」

ここでは、“オーガニック”なアイテムに注目します!

ORGANIC(オーガニック)

農薬や抗生物質、成長ホルモンなどを使用することなく栽培された原材料を用いて、染色や加工の際も有害物質を使うことなく生産された製品のこと。数ある製品のなかでも代表的なのがオーガニックコットン。

「綿花は栽培時に大量の農薬や殺虫剤を使用するため、土地の汚染や生産者の健康被害などが特に問題になっています。オーガニックコットンは、刺激が少ないため、使う人の肌にやさしいだけでなく、それを選ぶことで地球環境や生産者の健康までをも守ることができるのです」

オーガニック

【1】繊細な肌が喜ぶ、やさしいマスク。
オーガニックコットンのフロンティアカンパニーによるブランド『sisi FILLE』のマスク。表面シートにオーガニックコットンを100%使用したやわらかな肌触りが特徴で、肌が弱い人も安心して使用できる。繊維のオーガニック国際規格であるGOTS(Global Organic Textile Standard)を取得した原綿100%を使用。マスク¥500(sisi FILLE/L’ANGELIQUE NEWoMan新宿 TEL:03・6380・1051)

【2】天然原料にこだわったソープ。
オーガニックオイルをベースに、クレイや高山で採取された蜂蜜、エッセンシャルオイル、海藻などを加えたソープ。100%ナチュラルのこだわりに加え、地球環境に配慮して動物実験を行わず、パラベンやシリコン、化学香料や着色料、遺伝子組み換え原料を使用していないのが特徴。ソープ、上・pavot soap¥1,900 下・cedre soap¥1,900(共にcousu de fil blanc/L’ANGELIQUE NEWoMan新宿)

【3】綿に包まれているような心地よさ。
着る人だけでなく、関わるすべての人を元気にしたいという思いから生まれた衣料ブランド。誰もが着やすいオーガニックを目指して、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションを展開する。レース部分までオーガニックコットンを使用し、やさしい肌あたりに。ブラトップ¥6,300 別売りブラパッド¥800 ショーツ¥3,800(以上MILFOIL/ORGANIC LIFESTYLE MILFOIL TEL:046・874・9820)

中野 博さん 環境ジャーナリスト、エコライフ研究所所長。企業のエコブランディングや講演活動を行う。『あなたがきらめくエコ活!』(東京書籍)など著書も多い。

※『anan』2019年3月13日号より。写真・山口 明 スタイリスト・野崎未菜美 取材、文・宮尾仁美 リサーチ協力・長坂磨莉 撮影協力・AWABEES TITLES UTUWA

(by anan編集部)

「開運」-記事をもっと読む-_バナー

みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。