アンアンからニュースを配信します!

キュンキュン! いま女性が注目の“不器用男子”の魅力って?

2018.11.13
なんだか放っておけない、つい応援したくなる、不器用男子たちに私たちはなぜ惹かれてしまうのか、脳科学者の黒川伊保子さんにお話を伺いました。

欠けている部分にこそ人は魅力を感じる、と解説してくれたのは脳科学者の黒川伊保子さん。

「あなたが地球を守る使命を抱えたヒーローの妻だと仮定してみてください。ひとり戦いの地に赴き、怪獣との壮絶な戦闘を終えた夫が『じつはここを攻撃されて痛かったんだ』なんて自分だけに弱音を吐いてくれたら、そのギャップに愛しさを覚えませんか? なんでもこなせる男性に対しては“私は必要ないかも”という思考に陥ってしまうのも当然のこと。女性は、第一印象は完璧な男性に魅力を感じながらも、チラッとのぞく、相手の欠けてる部分に惹かれ、そこを埋められる自分に存在意義を感じる生き物なんです」

思わず手を差し伸べたくなる不器用男子が、あなたの周りにもいるかも。

巷ではこんな不器用男子を愛するVOICEも。

「仕事ができる上司。あるとき寝癖がついていて、そのちょっとした隙に、母性本能をくすぐられました」(事務・33歳)

「年下男子が初デートにカップルデート動画で予習してきてくれた。一生懸命な姿が嬉しかったです」(マスコミ・31歳)

「モテる人は器用なイメージだけど、カッコイイのに自撮りが下手な人は遊び慣れてなくて信用できます」(会社員・23歳)

さらに不器用男子が登場するおススメドラマをご紹介します。

変化球なしの“直球勝負”が女性の心を撃ち抜く! 不器用男子のドラマ名鑑

最近のドラマの傾向として、自分だけに愛を向けてくれる不器用男子が増えていると言うのは、20年以上毎クール、ドラマを見ているスナイパー小林さん。

「選出した3人は、変化球も投げられないし、寄り道もできないゆえ、こと恋愛というジャンルにおいては落第生。でも、その小細工なしの“まっすぐさ”が、不器用な彼らの光る部分でもあるのです。一度直球の魅力に気づいたら、女性は離れられなくなるはず。現実には、イケメンや金持ちといった分かりやすい条件をクリアした王子様ってなかなかいないし、いたとしても“私だけのまっすぐさ”は、なかなか持ち合わせていない。現代女性にとって、ひとつのファンタジーなのかも」

自分の世界を持つ男性が恋をして、少しずつ変化していく姿を見守る…。そんな“不器用男子ドラマ”を楽しんでみては? コメントはすべてスナイパー小林さんです。

不器用度70% 『花のち晴れ~花男Next Season~』の神楽木 晴(平野紫耀)

ロゴ

セレブ高校に通う江戸川音(杉咲花)は“隠れ庶民”。学園のヒーロー・神楽木晴の正体は“ヘタレ男子”。そんな二人が反発しつつ次第に心惹かれ合っていく。「晴の恋愛レベルは小1級。好きな子に野菜炒めを作れと命令しちゃう様子が母性をくすぐる不器用系。でも音のことを一番に考える男らしい姿にキュン」

『花のち晴れ~花男Next Season~』 Blu-ray BOX¥28,800 DVD-BOX¥22,800 発売元:TBS 発売協力:TBSサービス 販売元:TCエンタテインメント ©神尾葉子/集英社・TBS

不器用度85% 『海月姫』の鯉淵修(工藤阿須加)

不器用2

クラゲオタクの倉下月海(芳根京子)が鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と出会い、クラゲモチーフのドレスを販売。しかし、数多くのトラブルが勃発し…。「蔵之介の弟の修は、政治家の父の秘書というエリートなのに童貞。そのギャップと月海への忠誠心に近い片思いっぷりがたまらない。実直な告白シーンも印象的」

『海月姫』 Blu-ray BOX¥23,500 DVD-BOX¥19,000 発売元:フジテレビジョン 販売元:TCエンタテインメント ©東村アキコ/講談社 ©2018フジテレビ/共同テレビ

不器用度90% 『結婚できない男』の桑野信介(阿部 寛)

不器用3

40歳、高級マンション住まいの桑野信介は、堅物な性格ゆえ結婚には縁遠いが、女医の早坂夏実(夏川結衣)が気になる存在に…。「こういう不器用独身は今後、現実的にも増えていくのではないでしょうか。桑野の生き方に、現代の働く女子はどことなく“共感”し、つい応援したくなってしまいます」

『結婚できない男』 Blu-ray BOX¥24,000 DVD-BOX¥22,800 発売元:関西テレビ放送 販売元:ポニーキャニオン ©2013 関西テレビ放送

黒川伊保子さん 脳科学者。男女の思考や行動を脳科学の視点で分析。情緒的な文章で紡ぐ恋愛論が人気を呼ぶ。近著に『妻のトリセツ』(講談社)。

スナイパー小林さん ライター、編集者。芸能に限らず、多ジャンルの書籍を担当。ドラマ評連載は「バイプレイヤーの泉」(マイナビニュース)など。

※『anan』2018年11月14日号より。取材、文・加藤 蛍


#恋愛の記事をもっと読む!
#トレンドについてチェック!
『肝心のチケットは? 注目選手は? アンジャ渡部も応援、ラグビーワールドカップが来年開幕!』