アンアンからニュースを配信します!

腸の健康は口から? 欧米で“バクテリアセラピー”が話題!

2018.7.24
医療の世界では、ここ数年で腸内環境や腸内細菌に関する研究が進み、新たな知見が次々と明らかに! そのなかでも最近、欧米でオーラルケアの一環として話題になっているのが“バクテリアセラピー”。
ロイテリ

「バクテリアセラピーとは、世界有数の虫歯・歯周病予防先進国として知られるスウェーデンで生まれたもので、善玉菌を摂取することで、体内の善玉菌と悪玉菌のバランスをコントロールする予防医療のこと。有用な菌を口内に取り込むことで、虫歯や歯周病を減らす効果があるといわれています」と、歯科医の尾上剛先生。

実際に、バクテリアセラピーにはどんな菌が使われているの?

「有名な善玉菌には、L8020乳酸菌や乳酸菌LS1などがありますが、最近注目の的なのが、ラクトバチルス・ロイテリ菌です」

しかもこのロイテリ菌、そのパワーは口腔内にとどまらず、さらなる効果もあるそう。

「L.ロイテリ菌はヒト由来の乳酸菌のため、胃酸にも耐えて生きたまま腸まで届いて定着します。そして消化管内において天然の抗菌物質ロイテリンを分泌。有害菌の発育を抑制したり、有益菌を増やして体内常在菌の良好なバランスと多様性を維持する働きがあり、胃腸におけるさまざまな疾患の改善と予防に関する研究結果が多数報告されています」と、ロイテリ菌の研究開発元であるバイオガイア社の上席副社長・淀江晃太郎さん。日本でも気軽に摂取できるようになったのはうれしい限りだが、効果的な使用法にはポイントが。

「口内環境を良い状態に保つことは大切ですが、サプリメントだけに頼ってはいけません。あくまでも適切な歯磨きによるセルフケアが前提。その上で、ロイテリ菌などの善玉菌を、補助的に取り入れて。夜の歯磨き後に摂るのがおすすめです」

口は腸への入り口となる場所。だから、正しいオーラルケアは腸の健康にもつながる、というワケ。早速、寝る前の習慣にしてみて。

歯磨き後になめるだけで丈夫で健康な歯茎をサポート。

ロイテリ

オハヨーバイオテクノロジーズ「ロイテリ お口のサプリメント」
口腔フローラを整える生きたロイテリ菌を配合。清涼感のあるミント味で続けやすい。機能性表示食品。30粒入り¥3,000(オハヨーバイオテクノロジーズ TEL:0120・084・309)

口のニオイや不快感にお悩みの方におすすめ。

ロイテリ

オハヨーバイオテクノロジーズ「バイオブレス」
1粒にロイテリ菌を1億個配合した、ストロベリー味のタブレット。口臭や歯周病の原因となる菌の再繁殖を抑制する。30粒入り¥2,800(オハヨーバイオテクノロジーズ)

どんな飲み物でも善玉菌ドリンクにできる!

ロイテリ

BioGaia「プロバイオティクス ストロー」
フリーズドライにしたロイテリ菌を付加したストロー。これで飲料を100ml以上飲めば、生きた乳酸菌を手軽に摂取できる。30本入り¥3,000(バイオガイア TEL:0120・810・255)

翌朝実感できる口の中のスッキリ感が好評。

ロイテリ

湖池屋「乳酸菌LS1 SUPER」
口内の善玉菌を増やす乳酸菌入り。味はクリーンミント、ヨーグルト、クリアグレープなどの4種。クリーンミント味60粒¥4,500(コイケヤLS1ショップ TEL:0120・749・418)

尾上 剛先生 ごうデンタルクリニック院長。痛みが出る前に予防する治療を心がけており、正しい歯磨きの仕方の指導にも力を入れている。

※『anan』2018年7月25日号より。写真・中島慶子 イラスト・中根ゆたか 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

#健康についてさらに読んでみる。
#腸をもっと覗いてみる!
美スッピン肌への第一歩!美容ライターがこぞってトライする検定って?