好きなこと、話そ!

西田 彩花

新しい環境でお疲れ顔になってない?簡単「寝不足顔カバー」メイクテク #73

2019.4.26
この時期、新しい環境になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。慣れない環境で寝不足が続いてしまうなど、大変ですよね。本当は十分な休息を取ったほうが良いのですが、そうは行かないときもあります。でも、疲れ顔に見せたくないですよね。そういったときに活用していただきたいメイクテクニックです。寝不足気味のときに凝ったメイクをするのは現実的ではないので、簡単なもののみまとめてみました。

コンシーラーを2色使いして、クマをカバー!

【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 73

ダメージが出てしまいやすい、肌。ベースメイクを押さえておくと、お疲れ顔に見えにくいです。

まず、寝不足で血行不良気味のときは、化粧下地はピンク系をセレクトしてみて。自然な血色感を出してくれます。どんよりくすみ感の方が気になるときは、イエロー系の化粧下地がオススメです。なじみやすく、ツヤっと健康的な仕上がりに。

ファンデーションは薄づきに。肌のアラが目立ちやすくなっているので、厚塗りすると逆効果。

気になるクマは、コンシーラー2色使いでカバーしましょう。まずはオレンジ系のコンシーラーを塗り、なじませます。その上から明るめベージュコンシーラーを重ね塗り。目もとがパッと明るくなり、お疲れ感を払拭してくれますよ。

ハイライトを入れてツヤ感をプラスしよう

寝不足だと肌のツヤ感が損なわれてしまいがちなので、ハイライトを活用するようにしてみましょう。リキッドタイプを使うと、ナチュラルな仕上がりになりますよ。カラーはベージュ系かピンク系をセレクト。顔色を良く見せてくれます。

まずはTゾーンにサッと塗ります。重ねすぎるとテカテカしてしまうので注意。そして、目の外側から下まぶたにかけて、横長に入れてみて。目もとが明るく見え、活き活きとした印象に。目頭にちょんちょんと乗せると、白目がキレイに見えますよ。

顔全体のツヤ感がアップしたように見えるので、ぜひハイライトを使ってみてくださいね。

ポイントメイクは顔色が良く見えるカラーをセレクト

ポイントメイクは、色選びに注意してみましょう。なるべく血色感が出るものをセレクトすると、お疲れ顔もカバーできます。

アイシャドウは、なじみよいオレンジ系がオススメ。簡単にヘルシーな印象になります。チークやリップはほんのり色づくコーラル系かレッド系を。リップは、いつもより明るめのものを選ぶと寝不足感をカバーしやすいです。

チークもリップも、濃くつけすぎると逆に顔色が悪く見えてしまうことがあります。色白メイクをしたいときにはピッタリなのですが、寝不足気味のときにはサラッと塗るくらいがベター。

ベースメイクに気をつけつつ、ポイントメイクの色味で寝不足感をカバーしちゃいましょう。簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法


©DGLimages/Gettyimages
©Zinkevych/Gettyimages
©lili41/Gettyimages