子育てにも役立つ!「子供心理カウンセラー資格」と「チャイルド心理カウンセラー資格」の重要性と取得方法を解説

文・塚田牧夫 PR・日本資格振興協会 — 2021.9.24〔PR〕
子育てに関して、人知れず悩みを抱えている人は少なくないはず。しかし、それは大人だけでなく子どものほうにも言えること。子どもだって成長するにつれ多くの悩みや困難を迎えます。誰かがいち早くその悩みに気づき、手を差し伸べてあげる必要があるのです。そんなとき、子どもの心理に関する知識があると非常に役立つはず。そこで、子どもの心に寄り添うためにできることとして、子どもの心理を知る際に役立つ資格と、その取得方法について紹介していきます。

Contents
● 子どもの心理を学ぶ理由とは
● 子育てに役立つ「チャイルド心理学」
● 「チャイルド心理カウンセラー資格」で適切なアドバイスを
● 「チャイルド心理カウンセラー資格」を取得する方法
● 成長を支えるための「子供心理カウンセラー資格」
● 「子供心理カウンセラー資格」を取得する方法
● 通信講座で資格取得が可能に!
● 「諒設計アーキテクトラーニング」なら最短で2か月
● 「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は?
● 「SARAスクール」で2資格同時取得を
● 「SARAスクール」の評判は?
● 資格取得後の活躍の場
● 子どもの健やかな成長のために

子どもの心理を学ぶ理由とは

子どもの生活環境において、昨今ではいじめや不登校などさまざまな問題があります。そこには大人の事情とはまた違った、子どもならではの心理が深く関わっているでしょう。だからこそ、大人の視点からは理解しがたい部分もあり、簡単に解決できるものではないはず。

ですが、子どもの心理に関する知識があれば、そういったときに手を差し伸べ、その心に寄り添ってあげることができるでしょう。

さらに低年齢の子どもとなると、自分の感情を言葉で上手く伝えることができません。ストレスを感じていても、言葉で状況を説明できないわけです。そういうときでも、子どもの心理を学んでおけば、態度や仕草から感情を読み取り、適切な対応を取ることが可能になります。

子育てに役立つ「チャイルド心理学」

childshinri_02

自分が親になったときには、子どもにいろいろなことを教えてあげる必要があります。それが“子育て”の一環でもあるでしょう。しかし、よく考えると子育てに関して具体的に何かを学んだ経験がある人は少ないはず。そうなると、自分の経験で得た知識で対応していくことになりますが、ときにはそれが難しい場面も出てくるでしょう。

実は子どもは成長とともに、その発達に伴った心理を身につけていきます。そして、年齢に応じて何を考えてそうしているのか、その事態にどう対処すればいいのかなどが、1つの心理学として研究されているのです。それが「チャイルド心理学」です。

「チャイルド心理学」を学ぶことで、自分の子どもを育てるときだけでなく、他の子どもに接するときにも役立てることができます。また、チャイルド心理学に関する資格を取得してカウンセラーとなれば、実際に教育現場などで子どもと接する際にも有利に働くこともあります。

そんな子どもの心理に関するカウンセリングの資格として注目を集めているのが、「チャイルド心理カウンセラー資格」や「子供心理カウンセラー資格」です。

「チャイルド心理カウンセラー資格」で適切なアドバイスを

子どもは、生まれてから青年になるまで多くの過程を経て成長していきます。主に、乳児期・幼児期・学童期・思春期・青年期の段階に分けられ、心もカラダも大きく変化していくのです。

なかでも、乳児から思春期までの子どもは非常に繊細であり、対応が難しい時期でもあります。悩みがあっても言えなかったり、伝える術を持っていなかったりする場合があるのです。

そんなときに、身に着けておくと心強いのが「チャイルド心理カウンセラー資格」。「チャイルド心理カウンセラー資格」とは、そういった子どもの心理や発達を十分に理解し、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を有していることを証明する資格です。

また、悩んでいるのは子どもだけとは限りません。子育てに不安を抱いている親もたくさんいるでしょう。なかには、自分の子どもとどう接すればいいのか、思いつめてしまっている人もいます。ですが、チャイルド心理カウンセラーの資格を持っていれば、そのような育児に悩んでいる親世代へのアドバイスもできるようになるのです。


「チャイルド心理カウンセラー資格」について詳しく見る!



「チャイルド心理カウンセラー資格」を取得する方法

チャイルド心理カウンセラー資格を取得するためには、資格認定団体である「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」の公式ホームページから試験を申し込み、合格する必要があります。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となり、合格の基準はおよそ70%以上の評価となっています。試験日は2か月に1回ほどのペースで行われています。

成長を支えるための「子供心理カウンセラー資格」

子どもの心理に関する資格としてもうひとつ人気なのが、「子供心理カウンセラー資格」です。

赤ちゃんが乳児期を経て、幼児期、学童期、思春期と成長していくにあたり、カラダだけでなく心理状態も微妙に変化していきます。デリケートな幼い子どもの心に寄り添い、成長を支えていくためには、態度や仕草から心理を読み解く能力が必要となります。

こうした成長の段階に合わせて、適切なアドバイスができる知識や技術を身に付けること。ほかにも、成長するにつれて必要となってくる、親以外の周囲の人との関係性、社会とのつながりなどについても、助言できるだけの能力を身に付けたということが資格の取得により証明されます。


「子供心理カウンセラー資格」について詳しく見る!



「子供心理カウンセラー資格」を取得する方法

子供心理カウンセラーは、「日本インストラクター技術協会(JIA)」が認定する資格です。試験の申し込みは、こちらの公式ホームページから行うことができます。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。こちらも在宅での受験となり、合格の基準はおよそ70%以上の評価となっています。

送られてきた試験問題に試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を送り返す形式となっています。

通信講座で資格取得が可能に!

資格を取得したいと思っても、勉強や通学のためにまとまった時間を確保することが難しい場合があるでしょう。そういうときに役立つのが通信教育です。

通信教育であれば、受験対策のためにスクールに通う必要もなく、空いた時間で勉強に取り組むことができます。

「チャイルド心理カウンセラー資格」や「子供心理カウンセラー資格」を通信講座により取得できるシステムを設けている団体もあるので、この2つの資格は比較的目指しやすいものとなっています。

「諒設計アーキテクトラーニング」なら最短で2か月

初心者でも1日30分程度の学習を約6か月続けることで無理なく資格取得を目指せるのが、「諒設計アーキテクトラーニング」による通信講座です。

「諒設計アーキテクトラーニング」では「子供心理カウンセラー」と「チャイルド心理カウンセラー」の試験をそれぞれ受験し合格を目指す通常講座に加え、どちらの資格も講座卒業と同時にWで取得できるスペシャル講座を設けています。このスペシャル講座では、出された課題をすべてクリアすれば試験が免除となるため、卒業と同時に資格取得ができるのです。

また、短期集中で頑張りたい方は、最短2か月で資格の取得を目指すことができますよ。


「諒設計アーキテクトラーニング」の子供心理資格講座はコチラ!



「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は?

「諒設計アーキテクトラーニング」を利用することでどんなメリットがあるのか、実際に受講生の投稿したレビューを見てみましょう。

「子どもに関する仕事をしていますが、時代の変化や環境の変化にともなった子ども達の心理を理解したいのと、更に知識を深めるために受講しました。テキスト内容もわかりやすく、ポイントがしっかりとまとめてあるので、仕事をしながらでも学びやすいです」

「資格を取ってから子どもが生まれたので、子どもが不安定な時期には大変心強かったです。子どもの心理を学習していたので、子どもに寄り添う共感できる姿勢ができたかなと思っています。子どもが大きくなったら、この資格を活かせる仕事を見つけたいです」

資格取得を志す理由はさまざま。取り巻く環境もそれぞれ違います。みなさん自分なりの目的を持ち、資格を取得したあとにそれをどう活かすかなどを考えながら、学習に取り組んでいるようです。

「SARAスクール」で2資格同時取得を

先ほど紹介した「諒設計アーキテクトラーニング」の他に、「SARAスクール」にもチャイルド心理カウンセラー資格と子供心理カウンセラー資格の2つを同時取得できるコースがあります。

「SARAスクール」の設けている「子ども心理講座」も、1日30分の勉強を半年間続ければ修了できるカリキュラム構成になっており、家事や子育て、仕事などで忙しい人でも、隙間時間を活用して無理なく勉強を続けることができるでしょう。

講座には「基本コース」と「プラチナコース」があり、前者は基本コースで学習して各種資格協会へ試験申し込みを行い、試験に臨む形式。後者は、在宅で受講し課題を提出すれば試験が免除されます。しかも、卒業時には子供心理カウンセラーとチャイルド心理カウンセラーの2資格が認定授与されます。

なかでもSARAスクールの強みは、女性へのサポートが手厚いこと。家事や育児、仕事をやりながらでも資格取得できるようにカリキュラムが組まれています。


「SARAスクール」の子供心理資格講座はコチラ!



「SARAスクール」の評判は?

SARAスクールで講座を受講した人が資格をどのように役立てているのか、投稿されたレビューから評判などを見てみましょう。

「子どもの成長に合わせて対応できるようにと資格を取ることにしました。自分もかつては子どもだったのに、なるほど! と思わせられることが多かったです。今では資格を活かし、学校で子どもの心理カウンセラーをしています」

「塾の講師として働いていますが、子どもが家族とうまくいっていない家庭が多く、受験にも悪影響が出るため、子供心理資格を取得しました。取得後は、勉強面だけではなく、子どもの発達段階に合った心のケアもできるようになり、保護者からの信頼も厚くなったと感じています」

教育関係の仕事をしている人や、自分の子どものために役立てようという方が多く、在宅での受講を有意義に活用しているようでした。

資格取得後の活躍の場

「チャイルド心理カウンセラー」は、子どもへのカウンセリングを行うだけでなく、子育てに悩む親の相談にのり、アドバイスができるスキルも身に付けています。

そのため子ども心理のプロとして、幼稚園や保育園などのほかに、学童保育施設や学習塾などのさまざまな施設で活躍できます。子育てに不安を抱える親を交えた地域の勉強会などで、講師活動をすることも可能ですよ。

一方で、「子供心理カウンセラー」は、子どもの人格形成に関する深い知識を持ち、子どもと円滑なやり取りをするためのノウハウを熟知しています。そのため、しつけに悩む親に対して適切なアドバイスを送ることができるのです。

活躍の場としては、保育園や幼稚園、または親子教室や学校など民間施設から公的施設まで、身近な相談相手として存在意義を示します。また、子育てに関するサイト運営や記事の執筆など、活躍の場はますます広がっています。

子どもの健やかな成長のために

現在は子どもたちの悩みも複雑化し、親が自分の経験だけで対応するのは難しい場合もあります。そして、親まで子育てによる悩みを抱えてしまうと、家庭環境が悪化しかねません。

子どもの心理に関する資格を取得することは、子どもへの理解を深めることであり、それが円滑なコミュニケーションを促し、円満な家庭作りにもつながるはず。

資格を取得することで仕事の幅を広げることもできますが、まずは自分の子どもの健やかな成長のために取り組んでみてもいいのかもしれませんね。

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。