不倫よりひどいかも…夫が妻に「長年隠し続けているコト」4つ

文・塚田牧夫 — 2021.3.21
結婚して夫婦になっても、妻に隠し事をしている男性もいます。とはいえ、一番近い間柄であるはずの妻にすら話せない秘密とは、いったいどんなものなのでしょうか。そこで今回は、“妻に長年隠し続けていること”について男性たちに話を聞いてみました。

親友から妻を奪った

「妻との出会いのキッカケは合コンでした。そのとき、僕の親友も同席していたんですが、彼が“あの人可愛かったな”と、妻の名前を出したんです。

彼女と連絡先を交換していた僕に、彼は“彼女の連絡先教えて”と頼んできたのですが、やんわりと断ったんです。

その後僕が妻と付き合い始めて、“実は最初は××君のことが気になっていた”と親友の名前を告げられました。だから、本当は親友と妻が結婚するはずだったのかもと思ことがあります。今でも言えない秘密です」シン(仮名)/28歳

男性の認識としては、親友から妻を奪った形になっているわけですね。確かにこのことは妻にも親友にも知られたくないことですね……。

体臭がキツい

「僕はけっこう体臭がある体質なんです。昔付き合っていた彼女に、“クサい”と言われたときはショックでした。以来、どんなことがあっても朝晩お風呂に入っています。

デオドラント剤もこまめに付けるようにしているので、今のところ妻には気付かれていません」ケイタ(仮名)/31歳

自分のコンプレックスを妻に隠し続けているということですね。好きな人のニオイであれば、あまり問題はなさそうですが、それでも彼女に告白するのは抵抗がありそうですね。

付き合う女性が不幸になる

「なぜか、僕が女性と交際すると必ず彼女に不幸が訪れます。今までも、交際相手が病気になったり事故に遭ったりしていましたが、今の妻も、付き合った数日後に何針か縫うケガをしていました。

これからもっと不幸なことが起こるのではと思ってしまいますが、怖くて妻には言えません」ヨシオ(仮名)/34歳

彼が心配するのも当然でしょうが、長く付き合っていれば様々な出来事が起きるのは当然のこと。楽しい思い出をたくさん作ってその心配をかき消して欲しいですね。

高価な買い物をした

「僕は音楽が趣味でギターをよく弾くんですが、どうしても欲しいギターがオークションで出品されていたことがあって……。価格はなんと200万円でした。

一応妻に相談してみたのですが、“ありえないでしょう”と一蹴。でも、どうしても諦められず、妻に内緒で購入してしまいました。

ギターを買ったはいいものの、妻の目の届く場所には置けないので、トランクルームを借りて預けています。

トランクルームの費用もバカになりませんが、妻にバレる方が怖いので、お小遣いを削って支払っています」(仮名)キヨシ/36歳

趣味に関する買い物なら、ある程度は許されるでしょうが、度を越した金額をかけてしまうと告白できなくなるようです。

“夫が妻に長年隠し続けていること”をご紹介しました。

このような秘密がバレたとき、本当の夫婦の絆が試されるでしょう。もし隠し続けられないのなら、大ごとになる前に、彼と腰を据えて話し合ってみてもいいかもしれませんね。

©Image Source/gettyimages
©Victor Keppler/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。