離婚のテクニックを伝授…!? 不倫カップルの「ヤバすぎLINE」3選

文・和 — 2020.11.11
不倫カップルにとっても、欠かせないLINE。そこまで頻度は多くなくても、ふたりだけのやりとりを楽しんでいるようです。でも、本人たちは至って真剣だけれど、傍から見たらありえない連絡を送りあっているみたい。そこで今回は「不倫カップルの『ヤバすぎLINE』」についてご紹介します。

不倫相手が別れのアドバイス

「数年前に不倫にドップリハマっていたことがあります。

当時、彼は奥さんと別れたいのに別れられないと思っていたようなので、私が一方的に『子どもが小学生になったら別れるチャンスだよ!』とか『まずは家庭内別居からはじめてみたら?』など別れのアドバイスを送り、彼も『そうだね』と話を聞いてくれていたんです。

でも、彼は本当に離婚する気など全くなく、それどころか夫婦仲は円満だったようです……」(35歳/ヨガ講師)

何としても彼が妻と別れるよう、必死にアドバイスする女性も。しかし不倫をただの遊びと考えている男性からすると、ムダ話にすぎません。適当に相槌を打ってやりすごしていたようです。

ごく一般的なカップルのやりとり

「友人の不倫LINEを見せてもらったけど、『おかえり~! 今日の夕食は何食べるの?』『今度遊園地行こうね!』など、ごく一般的なカップルのやりとりでした。

でも夕食は奥さんの手料理だし、遊園地も家族の目を盗んで行くわけですよね。その罪悪感のなさが怖かったです」(31歳/サービス業)

不倫感漂うドロドロLINEなのかと思いきや、ごく普通のカップルと何ら変わりないLINEを送りあうことも。最初から妻や子どもをいないものとしているあたり、図々しすぎますね……。

顔以外の写メの送り合い

「本当は私の顔写真を彼に送りたいけれど、彼の奥さんにバレたら何かと面倒。

そこで、毎朝胸や脚など、顔以外の写メを送り合っています。これなら万が一のことがあったとしても、拾い画として言い訳できますから。

彼から『キレイだね』『早く抱きたい』って言ってもらえると興奮します」(33歳/一般事務)

顔写真のかわりに、体の一部の画像を送り合っている不倫カップルも。お互いの体を見て愛情を再確認しているとは、なんとも不自由な関係ですね。奥さんにバレたとき、拾い画像として言い訳できるのかは謎ですが……。

以上「不倫カップルの『ヤバすぎLINE』」をご紹介しました。

デートは人目を気にして慎重になる不倫カップルも、LINEでは堂々としていることが多いよう。
あなたの周りにも、同じようなLINEを送り合っているカップルがいるかもしれませんね……。

©Five/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。