恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

深夜のトイレで… 不倫カップルの「人には言えない」デート3選

文・並木まき — 2020.4.19
自宅での自粛生活が求められているにもかかわらず、不倫カップルの中には、強引にデートを行っている人もいるようです。衝撃的なその実態を、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが3つご紹介します。

1:出勤日と偽って…

「すでに勤務先は原則リモートワークが始まっていますが、週に1日だけ出勤日があります。

本当は半日だけオフィスに行って、請求業務をこなしたら自宅に戻っていいことになっているのですが、妻には『今日は出勤日だから』と言って長時間家をあけ、不倫相手の家に寄っています。

このご時世なので、不倫なんてやめるべきだとは分かっていますが、それでも不倫相手が心配になってしまい、たまに顔を見に行っています」(44歳男性/IT)

非常事態になり不倫をやめている人も多いなか「今は別れられない」と考えている、非常識な不倫男女もいるようです。

2:「マスクを買いに行く」と言い…

「不倫相手は、俺の自宅の徒歩圏に住んでいます。そういう理由もあり、ここ1か月で2回、妻に『マスクを買いに行く』と言って、彼女の家に行っていました。

非常時なので、前のようにデートはできませんが、一人暮らしの彼女がどうしているか気になってしまって。

マスクは品薄で買えないのですが、幸いにも彼女が花粉症なのでストックがあり、それをドラッグストアのビニール袋に入れて、買って帰ったかのようにアリバイを作りました。

しかし最近、妻から『私が行ってもいつも品切れなのに、よく買えるわね』と言われ、少しヒヤッとしました」(36歳男性/サービス)

必要なものを買いに行く口実で、不倫相手に会いに行っている男性もいます。

しかし、アリバイを作りこみすぎても、妻には不自然に見えてしまう場合もあるようです。

3:深夜のトイレからオンラインデート

「在宅勤務になってから、彼女とは一切会えていないのですが、さすがに彼女も寂しいらしく、オンラインデートをせがまれました。

しかし、妻も僕もずっと家にいるので、基本的に昼間は連絡するのが難しくて……。

仕方がないので、妻が寝静まった真夜中、トイレからオンライン通話でデートをしています。

ヒソヒソ声で話す必要があり、かなりしんどいですが、不安になっている彼女をサポートするためなら仕方ないと思って頑張っています」(36歳男性/建築事務所)

独身同士なら、なんてことはない自宅からのオンラインデートも、不倫となると苦労が伴うようですね。そこまでして不倫を続けようとする意志の強さには、ある意味感心します。

たとえ非常時でも、彼らなりの工夫をして、お家デートをする不倫カップルは存在するようです。くれぐれもお気を付けください……!

©Westend61/gettyimages
©PHOTOGRAPHER/gettyimages