恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

自然に細見え…! 体型隠しとバレない「ワンピ、ワイドパンツ大人コーデ」 スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯77

イラスト、文・角侑子 — 2019.6.7
最近の流行ファッションの主軸は、ロング丈のボトムや、ゆったりしたオーバーサイズシャツ。まさに体型カバーが叶うアイテムが多くて、スタイルに自信の持てない方にとってはありがたいこと、このうえありません。しかし、その反面であまりにも体型カバーを意識しすぎると、着痩せのつもりがいかにも体型隠しのコーディネイトだということが周りにもバレてしまいます。そこで今回は、体型隠しだとバレずにできるゆったりコーデのコツをご紹介!

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 77

ストレートワンピは抜け感を意識する

taikei1

体型をカバーしやすいアイテムのひとつに挙げられる、ストレートワンピース。ウエストシェイプがされないので体のラインを拾わず、ぽっちゃりさんでも比較的着痩せして見せることができます。この夏はTシャツワンピやシャツワンピなどのアイテムが多く、いずれもこのストレートシルエットのものが支持されています。

ただ、問題なのが抜け感がないとストレートワンピは一転して、体型隠しコーデであることがバレやすいアイテムでもあります。そのうえ、多くの人はいろいろな部分をあれもこれもと隠したくなるので、ワンピの下にレギンスを履いたり、上からロングの重たいカーディガンを羽織ったりして全体的に重々しい印象を与えがち。なので、ストレートワンピースを着るときはひざ下丈か、ミモレ丈と気持ち短めの丈感のものを選び、あえてノースリーブにして二の腕を出しましょう。

二の腕も太くて出せない……という方は普通丈のカーディガンを上から羽織るだけで上品になります。メインアイテムで体型カバーしたらあとは、スッキリとした印象にまとめると良いです。

ワイドパンツは太すぎると逆にゾウ足に

taikei2

体型カバーアイテムの申し子、ワイドパンツ。衰退を感じさせない根強い人気です。今年の夏も依然として履いている方が多いですよね。しかし、こちらのワイドパンツも気をつけたい点があります。それが、太もものシルエットが太すぎること。判断基準はワイドパンツを履いて全身鏡をみたときに股の間に隙間が生まれないものはワイドパンツのシルエットが太すぎる傾向にあります。

もちろん、この太さを活かしたコーディネイトもありますし、バランスを整えれば太いワイドパンツもおしゃれになります。ただ、下半身が太いという方やバストが大きく体に厚みがある方、身長が低めの方にとっては太すぎるワイドパンツは少々着こなしが難しいかもしれません。失敗を避けるならば股に適度な隙間があり、裾も広がり過ぎていないデザインを選びましょう。

体の一番細い部分は積極的に見せる

taikei3

体型カバーコーデというのは、何も、見せたくない部分を隠すことだけではありません。逆に隠すことにばかり意識が向いてしまうと、コーディネイト全体になんともいえない野暮ったさが残ってしまうので気をつけたいところ。

その野暮ったさをなくすひとつの策としてオススメしているのが、ご自身の中でもっとも細く美しいと思えるパーツを露出させることです。例えば下半身は太いけれど、鎖骨のラインは美しいことが自慢という方にとって、隠すべきポイントはボトムで、見せるべき部分はデコルテ。ピッタリと体にフィットしたカットソーにハイウエストのワイドパンツというスタイルが似合いやすい体型になります。このように、隠すだけでなく活かすパーツも一緒に探しましょう。

ファッション-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法