恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

実は好き…?女友達が紹介する男を「好きになるべきでない」理由3つ

文・塚田牧夫 — 2019.4.12
出会いのパターンのひとつに、“友だちの紹介”というのがあります。友だちの友だちなら、まず信頼できる。それに、友だちが味方をしてくれるから、付き合える可能性も高そう……と思うかもしれませんが、そうとは限らない場合も……。そこで今回は、“友だちが紹介する男を好きになってはいけない理由”をご紹介しましょう。

実は友だち自体に好意がある

「友だちに、“紹介したい男がいる”と言われ、会うことに。なんでも三年ぐらい前からの知り合いで、私に合うんじゃないかと思ったらしい。

実際に会ってみたところ、確かに私のタイプ。何度か食事をしているうちに、どんどん好きになっていきました。そして、付き合うのかな……と思ったころ、紹介者である友だちから連絡が。

“ごめん”と謝り、“私も彼のこと好きかもしれない”と言うんです。私と仲良くなっていく様子を見て、だんだんとそう感じるようになったと……。

友だちの介入により、結局その彼とは付き合えず。さらには友だちとも、気まずい関係になってしまいました」トモ(仮名)/31歳

男女で友だち関係が成立している場合、どちらかに好意があるパターンがほとんどです。感情を押し殺すことができなくなったとき、面倒臭い状況に陥ります。

自慢したいだけ

「友だちに紹介してもらった男性が、めちゃめちゃスペックが高かったんです。医者の息子で、本人も医学生。それでいて、背が高くてイケメン。

しばらくの間、頭のなかがその人のことでいっぱいになりました。それで、ほかの友だちと飲んでいたときに、その話をしたんですね。そうしたら、“その人知ってる”と言うんです。“私も紹介された”と。

そこで分かったのが、ただ見せびらかしたいだけだったということ。紹介という名目で会わせ、スペックの高い男友だちを自慢したかった。深入りしなくて良かったです」カンナ(仮名)/26歳

周りにいる男性を、身に付けている装飾品のように捉えているのでしょう。こういう人は、自慢して羨ましがられて、優越感に浸りたいだけなのです。

見返りを求めてくる

「友だちに紹介された男性を好きになり、いろいろアプローチをしていました。友だちにも相談にのってもらい、頑張っていました。でも、結局付き合うことはできませんでした。

けど、すごくいい恋だったんです。だから紹介してくれた友だちには、感謝の気持ちを伝えていました。そこで彼女が、“今度は私に紹介してね”と言ってきたんです。冗談だと思ってたんですが……。

ことあるごとに、“まだ紹介してくれないの?”と言ってくる。しかも私のSNSの友だちの欄を見て、“この人は?”と聞いてくることも。もう面倒くさくて……」ユキ(仮名)/29歳

紹介もタダではないということ。友だちのおかげでいい恋ができたのなら、見返りを求められても仕方ないのかも……。

“友だちが紹介する男を好きになってはいけない理由”をご紹介しました。

もちろん紹介でいい面もたくさんあります。幸せになった人もたくさんいるでしょう。ただ、紹介者がどんな気持ちでいるのか。そこは慎重に考えるべきでしょうね。

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選

© fizkes / shutterstock
© fizkes / shutterstock
© Antonio Guillem / shutterstock